山崎育三郎、ディズニーの巨匠の前で歌声を披露&「涙が出そうになる」ピアノにうっとり

 

映画『美女と野獣』の来日記者会見(左から、昆夏美、アラン・メンケン、ビル・コンドン監督、山崎育三郎)

映画『美女と野獣』の来日記者会見が29日に都内で実施され、メガホンを取ったビル・コンドン監督、音楽のアラン・メンケン、そして日本語吹き替え版キャストの山崎育三郎と昆夏美が出席。幼いころからディズニー・ファンだったという山崎は、憧れのメンケンの前で歌を披露したほか、メンケンによる劇中曲のメドレー演奏を受け「自分の子供のころのいろいろなことを思い出して、涙が出そうになる」と語った。

アカデミー賞作品賞にノミネートされた同名アニメを実写化した本作。劇中では聡明な美女ベル(エマ・ワトソン)と、傲慢ゆえに魔法で醜い野獣に変えられた王子(ダン・スティーヴンス)が織りなすロマンスが描かれる。ベルと野獣の吹き替えを務めた昆と山崎は、シャンデリアや豪奢なカーテンで飾り付けられたボールルームに登場すると、劇中歌『美女と野獣』を披露した。

これを受けたコンドン監督は「すぐに日本版のリメイクを作らなければなりませんね。シンプルで美しいパワフルな歌声が素晴らしく、感動しました。この奇妙な状況の中、感動を感じるというのはとても難しいとは思うのですが(笑)、本当に素晴らしいもので、見事でした」とにっこり。ピアノで劇中歌のメドレーを披露したメンケンは「パフォーマンスは素晴らしく、お二人とも才能に満ちています。『美女と野獣』を日本語で見ることができましたし、美しく歌い上げていただいたことに感動していますし、感謝しています」と笑顔で話した。

ワールドプレミア以来、メンケンと再会した山崎は「幼いころに『アラジン』のビデオをサンタクロースにもらいまして。それが僕の初めてのディズニーとの出会いで、それからなんて美しい音楽なんだと思いました。『ホール・ニュー・ワールド』が好きになって、子供の僕は何度も巻き戻しして、そのシーンを覚えるまで何度も何度も見て、そこからディズニー作品が好きになったんです」と幼少期のエピソードを披露。

また「『シンデレラ』『美女と野獣』『リトル・マーメイド』とか、本当にディズニーファンになって、お芝居から歌に進行していくという流れにすごく魅了されて、それが僕のミュージカル俳優になりたいと思ったきっかけの一つでもあります」と感慨深そうに明かした山崎は、「メンケンさんがピアノを弾いている後姿を見ながら、自分の子供のころのいろいろなことを思い出して、涙が出そうになるくらい…。僕にとっては本当に、モーツァルトが目の前でピアノを演奏してくれているような、そんな感覚なんですよ。本当に光栄ですし、お二人と一緒にこのステージに立っていることが夢のような気持ちで、本当に幸せです」と喜びを語っていた。

コンドン監督は実写化へのこだわりについて「世界中の皆さんに愛されている古典と言えるアニメ作品で、完璧な映画です。なぜ再び映画化したかといえば、素晴らしい音楽があるとともに、完璧な映画であったのですが、実写化に当たってはもっとお見せすることができるのではないかと考えていました」と述懐。「実写ならではの提案できるものとしては、キャラクターについてもっと掘り下げることができるのではないかと思っていました。心理描写であったり、バックストーリーですね。実際にそういった出来事が起きているんだと信じてもらえるような、リアリティを帯びたものにするために、新しい歌やシーンが出来上がっていきました」とも振り返った。

また、ベルを演じたワトソンについては「アニメ版のベルは、1991年当時のディズニー・ヒロインの新境地を開拓しました。男の子よりも本が好きな女の子でしたからね。あれから25年が経ちましたが、エマは正しくベルを演じてくれました。もともと彼女自身は、21世紀の強い女性像を体現しています。共に仕事をするには、理想的な相手でした」と絶賛。さらに「25年後ということで、ベル自身も前進していなくてはならないということもありました。アニメ版では、本が好きで教養があるという女の子でしたが、本作では培っている知識をシェアしたいと望みます。洗濯機のようなものを発案して、小さな女の子を洗濯の時間から解放して文字を教えるなど、活動家的な要素を持っているのです。そういった姿勢は、エマ自身の人生を反映しているものでもあります。また本作のベルは、可能な限り、強い女性として描きたいと思っていました」と振り返っていた。

(取材・文:岸豊)


映画『美女と野獣』
2017年4月21日(金) 全国ロードショー

監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス
原題:Beauty and the Beast
全米公開:2017年3月17日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アラン・メンケン

生年月日1949年7月22日(69歳)
星座かに座
出生地米ニューヨーク

アラン・メンケンの関連作品一覧

ビル・コンドン

生年月日1955年10月22日(62歳)
星座てんびん座
出生地米・ニューヨーク

ビル・コンドンの関連作品一覧

昆夏美

生年月日1991年6月28日(27歳)
星座かに座
出生地東京都

昆夏美の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST