『モアナと伝説の海』主題歌以外の話題の「もっと遠くへ」本編楽曲シーン解禁!

(C) 2017 Disney. All Rights Reserved.

(C) 2017 Disney. All Rights Reserved.

『アナと雪の女王』『ズートピア』の大ヒットに次ぐ、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』が 3月10日(金)より全国公開され、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』『SING/シング』の興行収入を上回り、動員250万人、興行収入30億を突破する春休み映画 No.1大ヒットとなっている。

本作が支持される理由は、何度も繰り返し聴きたくなる数々の音楽。本作にはオリジナル曲が7曲登場するが、主題歌「どこまでも ~How Far I’ll Go~」や“どういた~しましてユアウェルカム♪”のリズムが印象的な「俺のおかげさ」以外にも、話題となっている曲がたくさんある。とくに人気を博している楽曲「もっと遠くへ」の本編映像が解禁された。

「もっと遠くへ」は主人公モアナの祖先が歌う楽曲。何度も繰り返し歌われる“アウェアウェ~”という印象的なフレーズが耳に残り、SNS 上では頭から離れないという声が続出している。

そんな同曲には、モアナの祖先である航海士たちの思いが込められている。数千年前、太平洋諸島の航海士たちは、船に乗って新しい島を探しに海に出ていた。そこにはコンパスも何もなく、「昼間は空と風を読み、夜には星が道しるべ」という歌詞の通り、自然から進むべき道を見つけ、航海を続けていく。だが航海の中で最も忘れてはならない大事なことは、ふるさとへの思いだった。

『リトル・マーメイド』『アラジン』を手がけたジョン・マスカー&ロン・クレメンツ監督は、実際にポリネシア諸島を訪れ、今も島に残る航海士に実際に話を聞きインスピレーションを受けている。とくに “自身の山を知れ”という言葉に感銘を受けたというロン監督は「ポリネシアでは“自分がどこから来たのか”を知ることを大事にしている。“自身の山を知れ”というのは、自分が今ここにいる前に、あらゆる事が起き、祖先がいたということを知ることなんだ。その山があるから自分が存在するんだとね」という熱い思いに心を動かされたそうだ。その思いを劇中で描きたいと思った監督たちは、主人公モアナが“自分は何者なのか”と悩みながらも成長するストーリーに反映した。ジョン監督は「航海術や自分の道を見出すことが、モアナが自分のアイデンティティを見つけるというテーマに繋がっている。航海者になることを夢見る16歳の少女という発想は、モアナの祖先の能力を考えると魅力的なアイデアに思えたんだ」と思いを語っている。

そんな監督らの思いを胸に楽曲を聴いてみると「ふるさとの島を離れようとも進もう。祖先の物語を決して忘れず語り伝えて行こう」という歌詞が胸にジーンと染みてくるだろう。

「もっと遠くへ」の作詞を手がけたのは、ブロードウェイミュージカル『ハミルトン』でトニー賞11部門を受賞したリン=マニュエル・ミランダ、作曲は世界的バンドのテ・ヴェカのボーカルを務めるオペタイア・フォアイだ。オペタイアは西サモアの小さな島で生まれ育ち、南太平洋音楽への貢献が称えられ、ワールドミュージックの賞を受賞している。オペタイアは「20年以上世界中でツアーをしながら、航海者の祖先の話をしてきたので、本作が航海士の話を描くと知った時はとても嬉しかった。『もっと遠くへ』は、監督たちに会った後の帰りの飛行機ですぐに書き始め、とても自然に生まれた曲。そこにリンが美しい歌詞をつけるとあっという間に生命が宿り、素晴らしい楽曲が誕生したんだ」と思いを明かしている。


映画『モアナと伝説の海』
全国大ヒット公開中!

監督:ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー(『リトル・マーメイド』『アラジン』
製作:オスナット・シュラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
原題:Moana
全米公開:2016 年11月23日

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST