ファンなら感涙必至!「ワイスピ」シリーズの歴史を振り返るダイジェスト映像が解禁!

(C)Universal Pictures

(C)Universal Pictures

人気アクション超大作「ワイルド・スピード」シリーズの最新作『ワイルド・スピード ICEBREAK』から、シリーズの歴史を辿った、ファミリーの熱い絆を感じさせる感動のダイジェスト映像が到着した。

2000年の『ワイルド・スピード』から17年―。2003年の『ワイルド・スピードX2』、2006年の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』、2009年の『ワイルド・スピード MAX』、2011年の『ワイルド・スピード MEGA MAX』、2013年の『ワイルド・スピード EURO MISSION』、2015年の『ワイルド・スピード SKY MISSION』と歴史を辿りながら、シリーズと共に成長を遂げてきたヴィン・ディーゼルを始め、ホブス役のドウェイン・ジョンソン、レティ役のミシェル・ロドリゲス、ローマン役のタイリース・ギブソン、テズ役のクリス・リュダクリス・ブリッジズらファミリーがその熱い想いをナレーションに込めた本映像。

顔は強面で腕っぷしも強いが、車の運転は一流で、誰よりもファミリーを大切にする主人公ドミニクを長きに渡り演じてきたディーゼルは、「スピードを愛して生きてきた。他はいらねぇ。走っている間だけ俺は自由だ。この道は、どこにでも行ける。友やファミリーの元へ」と語りかける。物語の舞台はロスの街路から始まり、マイアミ、東京、ドミニカ共和国、リオ、ロンドン、アブタビと世界中へ…。スピードのため、名誉のため、街を駆け抜け、山を滑降し、空をも舞うファミリーの冒険は、無限の可能性を見せてきた。

「新しい物語が始まるわ。前代未聞の挑戦よ」と語るロドリゲスに続いて、ディーゼルは「最悪の敵が登場だ。ファミリーの絆が試される。ファンの期待を遙かに超える最高の作品だ。これが『ワイルド・スピード』だ」と自信をみなぎらせる。その最悪の敵を演じるのは、あの名女優シャーリーズ・セロン。劇中でドミニクは、セロンふんするサイバー・テロリストと手を組み、ファミリーを裏切るというまさかの行為に出てしまう。

果たして、ホブス、レティ、ローマン、テズ、そして助っ人としてファミリーに加わったデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)は、ドミニクを連れ戻すことができるのか?気になる結末は、ぜひ劇場で確かめてほしい。


映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』
2017年4月28日公開

監督: F・ゲイリー・グレイ『交渉人』『ミニミニ大作戦』『ストレイト・アウタ・コンプトン』
脚本: クリス・モーガン『ウォンテッド』『ワイルド・スピード』シリーズ(※3作目以降全てを担当)
製作: ニール・H・モリッツ『アイ・アム・レジェンド』『ワイルド・スピード』シリーズ(※シリーズ全作)、ヴィン・ディーゼル、マイケル・フォレスト
出演: ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、シャーリーズ・セロン、スコット・イーストウッド、カート・ラッセル、ヘレン・ミレン

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ヴィン・ディーゼル

生年月日1967年7月18日(51歳)
星座かに座
出生地米・ニューヨーク

ヴィン・ディーゼルの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST