新次元映画『ハードコア』に込められたこだわりとは?メイキング動画が解禁

(C)2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

愛する人を守るため、観客が謎の組織との壮絶な戦場に放りこまれ、完全一人称で前人未到のアクションを繰り広げる新感覚映画『ハードコア』(2017年4月1日より全国公開中) から、本作の目玉である一人称視点アクションが、どのように撮影されたのかが分かるメイキング動画が解禁された。

2014年に新人監督イリヤ・ナイシュラーが公開した7分間の映像は、瞬く間に世界中のネットを席巻した。全編一人称視点のみで撮影されたFPS(ファースト・パーソン・シューター)さながらの臨場感を押し出した革新的かつ刺激的な映像に、ユーザーたちは驚き、興奮し、熱狂したのだ。その後、長編映画として完成した『ハードコア』は、2015年トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス観客賞受賞を皮切りに、世界中の映画祭で上映され、旋風を巻き起こしてきた。

製作には『ウォンテッド』『ナイト・ウォッチ』などで知られるロシアの鬼才ティムール・ベクマンベトフが企画から惚れ込み参加。『第9地区』『エリジウム』のシャールト・コプリーが“あなた“の相棒となり、スクリーンの中で変幻自在に躍動する。そして”あなた“の愛する妻には『ガール・オン・ザ・トレイン』のヘイリー・ベネット。さらに名優ティム・ロスが、味のある役どころで脇を固める。

車の助手席に座るヘンリー役のスタントマンが、カメラアングルを意識してアクションするように指示されるカットから幕を開ける本映像。次のカットでは、予告映像にもある、ジミーに蹴り飛ばされ宙を舞った敵を、ヘンリーがライフルで打ち抜くシーンの動きをスタッフ全員で確認している模様が映し出される。敵の大群から逃げながら、階段や不安定な足場で繰り広げる格闘、敵に囲まれたヘンリーが力づくで敵を投げ飛ばす様子など、アクションの中で立体的な動きがあるシーンは、ワイヤーを駆使しながら撮影されており、カメラやヘンリー自身、また敵の身のこなしなど、細部に至るまで入念なリハーサルを重ねていることがうかがえる。

最後には、燃え上がるバスから炎を纏ったジミーが姿を現し、ヘンリーが自身の上着で消火を試みるも、あえなく息絶えてしまうシーンが登場。息絶える寸前、ヘンリーに託すようにジミーは銃を渡すが、今まで炎に包まれていた銃は熱を帯びており、ヘンリーは反射的に手を引っ込める。一連のド派手なアクションの中に込められた、ヘンリーの人間らしさを感じさせる描写も興味深い。エクストリームなアクションの裏に、ナイシュラー監督らしい細部へのこだわりが感じられるメイキング映像は、本編と併せて楽しんでほしい。


映画『ハードコア』
全国公開中

製作・脚本・監督:イリヤ・ナイシュラー
出演:シャールト・コプリー、ダニーラ・コズロフスキー、ヘイリー・ベネット、ティム・ロス
配給:クロックワークス 提供:クロックワークス/パルコ
2016年/ロシア・アメリカ/DCP5.1ch/ビスタ/英語、ロシア語/96分/R15+ hardcore-eiga.com
原題:HARDCORE HENRY/字幕翻訳:北村広子

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST