【予告II】山田涼介主演、実写映画『鋼の錬金術師』最新動画で“人体錬成”が解禁!

鋼の錬金術師

映画『鋼の錬金術師』少年時代のエルリック兄弟が犯した禁忌とは? (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C)2017 映画「鋼の錬金術師」製作委員会

山田涼介主演で贈る、実写映画『鋼の錬金術師』。この度、本作の最新映像<予告II>が遂に解禁! 動画には、亡き母を想い、幼きエルリック兄弟が“人体錬成”を試みる全ての始まりのシーンが映し出されている。

監督「映画前半で最も刺さるシーン」そのワケとは…?

最愛の母親を亡くした兄・エドワードと弟・アルフォンス。最新映像<予告II>では、彼らの少年時代から始まる。

解禁された映像では、エドの鋼の義肢“機械鎧(オートメイル)”、先日解禁された場面写真が大きな話題となったアルの石獣と戦う姿、そしてエドが武器を錬成するシーンなど、ファン待望の初出し映像が満載。錬金術を駆使した壮大で圧巻のアクションを予感させる仕上がりとなっている。

錬金術の天才的な才能を持つ幼い兄弟は、亡き母親に会いたいという一心から、“人体錬成”の理論にたどりつく。しかしそれは、決して踏み入れてはならない、禁断の錬金術だった。錬成は失敗。エドは左脚を、アルは身体すべてを代価として”持っていかれて”しまう。瀕死のエドは自身の右腕と引き換えに、アルの魂だけをなんとか錬成し、近くにあった鎧に定着させることに成功した。奪われてしまったすべてを取り戻すため、兄弟の壮大な冒険が始まる…。

映画公式サイト内にて公開中!

曽利文彦監督は「この『鋼の錬金術師』の前半のストーリーで一番刺さるのは、小さな子供たちが母親を取り戻したいという一心で禁忌(きんき)に触れる“タブー”を冒してしまう部分。その見返りが容赦ない天罰という、年齢といったことは一切関係なく背負ってしまうのがある意味リアルです。命というものに係わるタブーを冒してしまった子供たちの背負ったものの大きさというのが、この映画の中核のテーマでもあるのです」と映画の壮大なテーマに繋がること明かしている。

さらに曽利監督は本作の映像技術について、「ハリウッドは日本よりかなり先を行っているのは事実です。今まで日本の技術では手の届かなかったところへ“高く飛べば届くかもしれない”というところまで、充実した技術が揃ってきました。そんな今だからこそ、この作品に挑戦したい。本作で前人未到の領域に手をかけてみたい。しかし技術というのは、あくまでも作品の下支えであり“ストーリー”が第一。ストーリーに技術がしっかりと寄り添うことができれば、本当に素晴らしいことだと思います」と映画化に対する熱い想いを語っている。


映画『鋼の錬金術師』
2017年12月1日(金)全国ロードショー

監督:曽利文彦
原作:「鋼の錬金術師」荒川弘(「ガンガンコミックス」スクウェア・エニックス刊)
エグゼクティブ・プロデューサー:濱名一哉
配給:ワーナー・ブラザース映画

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

山田涼介

生年月日1993年5月9日(25歳)
星座おうし座
出生地東京都

山田涼介の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST