柳沢慎吾、青空の下でご機嫌もまさかの緊急謝罪? 今野杏南は「だいぶ作っちゃいましたね(笑)」とツッコミ

柳沢慎吾&今野杏南

柳沢慎吾&今野杏南

(撮影:杉野正和)

12日、『ワイルド・スピード』シリーズの新たなファミリーとして日本語吹き替え版に特別出演した柳沢慎吾と、ワイスピガールにグラビアアイドルの今野杏南を迎えたイベントが都内にて開催された。

>写真をもっと見る

Tシャツにショートパンツ、へそ出しルックで登場した今野は「ワイスピシリーズのスターターガールをイメージした衣装を着てきました」とそのコンセプトを説明。「弟が超ファンで、その影響で結構観ている」とワイスピ愛も披露し、ファミリー就任に「とっても嬉しいですし、ワイスピに近くなれた感じで」とコメントした。

今野杏南

今野杏南

一方の柳沢はというと…パトカーに乗って登場するなり「イベントの会場に不審者がいるらしくて」とカメラマンに駆け寄り、生で警察モノの一ネタを披露。「どうも、ありがとうございました!…どうですか? 生の警視庁(24時)は?」と報道陣に畳み掛けて笑いを誘う。この長年積み重ねた芸達者ぶりが声優起用の理由だと聞かされ「感謝感謝ですね。ありがたい話。長くやり続けるのは大事!」とご機嫌。アフレコは「ぶっつけ本番、一発OK!」だったことも続けざまにアピール。

※登場時からすでにネタは始まっています。

※登場時からすでにネタは始まっています。

そんな柳沢に「劇中でのシーンを再現して欲しい」と振られた柳沢は、なんと「台本を(自分のところだけ)破って持ってきた」と本物を持参。「レティとの絡みもあるんだよ。あったことないけど(笑)」と今野に見せながら解説していると、今野も「この台本見ているだけでも嬉しいんですけど」と興奮ぎみ。

台詞を披露してみせるも、改めて「これが一発だったんですよね」とMCに聞かれた柳沢は「皆様、すいません!アフレコ、一発じゃなくて三発でした! 不適切な言動大変申し訳ございません」とまさかの謝罪。これには今野も「だいぶ作っちゃいましたね(笑)」とツッコミを。

本物の台本を持参した柳沢

本物の台本を持参した柳沢

そして今回二人がワイスピファミリーに就任されたことを記念して、ファミリーカードが贈られると柳沢は「これ、もらうのにかなり並ぶみたいですよ。すごい嬉しい!(名前が入ってる)すごい!!」」と興奮を隠しきれない。そして極めつけは劇中で登場する「ダッジ・アイス・チャージャー」の撮影使用車が登場。日本全国をツアーで回っているとのことだが、いざご対面するとテンションはMAXに。

柳沢:タイヤ太っ!
今野:おっきぃ!
柳沢:これはお金かかってるよ。買えってのは無理ですけど(笑)。
今野:これ運転できたら気持ちいいですよね―。

本物です

本物です

そして最後に映画の見所について聞かれた2人。今野は「氷上のカーアクションは最高です! 手に汗握る展開の連続で、家族でも友達でも恋人でもみんなが楽しめる映画に仕上がっていますので、是非映画館でご覧ください!」、柳沢は「大ヒット間違いナシだと思いますし、男女関係なく、家族でも友達でも恋人でも絶対に楽しめると思います! ハラハラドキドキのワイスピをみて、その夜は良い夢みろよ! あばよ!!」とお約束の決め台詞をきっちり残してイベントを締めくくった。


映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』
2017年4月28日公開

監督: F・ゲイリー・グレイ『交渉人』『ミニミニ大作戦』『ストレイト・アウタ・コンプトン』
脚本: クリス・モーガン『ウォンテッド』『ワイルド・スピード』シリーズ(※3作目以降全てを担当)
製作: ニール・H・モリッツ『アイ・アム・レジェンド』『ワイルド・スピード』シリーズ(※シリーズ全作)、ヴィン・ディーゼル、マイケル・フォレスト
出演: ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、シャーリーズ・セロン、スコット・イーストウッド、カート・ラッセル、ヘレン・ミレン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

柳沢慎吾

生年月日1962年3月6日(56歳)
星座うお座
出生地神奈川県小田原市

柳沢慎吾の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST