『グレートウォール』公開記念-チャン・イーモウ監督アクション超大作4選!

映画『グレートウォール』

映画『グレートウォール』/(C) Universal Pictures

マット・デイモン×チャン・イーモウ監督のタッグで贈る映画『グレートウォール』が4月14日(金)より公開。このたび、本作の公開を記念して、巨匠チャン・イーモウのアクション超大作4選を一挙にご紹介!

最新作では、「超人的なパワーは認めなかった」

建造に約1,700年、長さ21,196.18キロメートルを誇る、人類史上最大の建造物「万里の長城」。この長城はこれまで貿易の拠点としてだけでなく、異民族の侵攻など多くの危機を防いできたが、その建造の“目的”については、史実とともに数々の伝説も伝えられてきた。世界最大の偉業である万里の長城を舞台にした伝説の戦いが、ハリウッドの最新技術を駆使した映像で表現され、アクション超大作としてついにスクリーンで描かれる。

本作の監督を務めたのは、『HERO』『LOVERS』で数々の賞を受賞し、2008年の北京オリンピック開会式の演出で世界的な称賛を受けた巨匠チャン・イーモウ。ハリウッドとの初合作となる本作でも、伝説の怪物・トウテツとの戦いが壮絶なアクションとともに迫力あるスケール感で描かれている。監督は「アクションシーンにおいて、超人パワーは認めませんでした。『グリーン・デスティニー』のように空を飛ぶことはできませんので、実現可能なテクニックを駆使し、火器を使用せず、剣などの原始的な兵器を使うなど、現実の環境を利用した攻撃方法を優先しました。劇中では、あらゆる点において筋が通った聡明で智恵にあふれた伝統的な兵法が存分に繰り広げられています」と自信満々にコメントし、アクションシーンのこだわりをのぞかせている。

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

そんな最新作の公開を記念して、巨匠のチャン・イーモウによって生み出されたアクションシーンが見どころの歴代映画をご紹介! ぜひ、最新作『グレートウォール』と併せてお楽しみいただきたい。

『HERO』(02)

イーモウ監督が初めて手掛けたアクション大作第一弾! 紀元前200年、戦乱の中国。のちの始皇帝となる秦王のもとに、王を狙った刺客を3人殺したという無名という男(ジェット・リー)が現れた。その功績を讃え特別に謁見を許された彼は、刺客を殺した経緯を王に語りはじめる。しかし、それは多くの謎を含み、話は二転三転していく…。

ワイヤーアクションを多く取り入れた斬新なアクションシーンは、本作を全世界の中国映画の興行収入を塗り替えるほどの大ヒットへと導きました

⇒作品紹介・レビューを見る

『LOVERS』(04)

唐王朝衰退期の中国を舞台に、運命に翻弄されながらも真の愛を貫こうとする男女3人の切なくも美しいドラマを紡ぎ出す。捕吏の金(金城武)と劉(アンディ・ラウ)は“飛刀門”という反乱軍を一網打尽にするため、その初代指導者の実の娘らしき盲目の芸妓、小妹(チャン・ツィイー)をだまし、軍のアジトに案内させようとするのだが…。

冒頭に描かれる竹林での武侠アクションから、日本人キャストの金城武による本作のウィリアムを彷彿とさせる壮絶な弓アクションまで見どころ満載!

⇒作品紹介・レビューを見る

『王妃の紋章』(06)

きらびやかな宮廷の裏に渦巻く陰謀と策略のドラマを華麗に描き出す歴史大作!美貌の王妃(コン・リー)は継子である皇太子(リィウ・イエ)と不倫関係にあった。王(チョウ・ユンファ)はそれを知りながらも“重陽節”を祝うため、第二王子ジェイ(ジェイ・チョウ)を伴い王宮に帰還する。だが盛大に儀式が執り行われる最中、数千に及ぶ黄金の甲冑姿の兵士たちが城内に姿を現し…。

忍者のような身のこなしで政敵を急襲する暗殺部隊や、金色の甲冑に身を包んだ兵士たちによって繰り広げられるアクションシーンはイーモウ監督ならではの映像美と相まってより一層麗しく描き出されております。

⇒作品紹介・レビューを見る

『女と銃と荒野の麺屋』(09)

チャン・イーモウがコーエン兄弟の傑作『ブラッド・シンプル』の驚くべき再創造に挑んだ傑作!若い従業員リー(シャオ・シェンヤン)に妻(ヤン・ニー)を寝取られてしまった中華麺屋を営む中年男ワン(ニー・ターホン)が警察官チャン(スン・ホンレイ)に2人の殺害を依頼したところ、チャンは麺屋の金庫に眠る大金に目をつけており…。

様々な感情や思惑が入り乱れる4人の怒涛のアクションはもちろんのこと、麺屋の従業員らが一丸となって麺を作るシーンはまるでカンフーアクションを観ているように華麗で美しいと評判高し!

⇒作品紹介・レビューを見る


映画『グレートウォール』
2017年4月14日公開

監督:チャン・イーモウ 『HERO』『LOVERS』
キャスト:マット・デイモン、ペドロ・パスカル、ウィレム・デフォー、ジン・ティエン、アンディ・ラウほか
全米公開:2月17日 [予定]
中国公開:12月16日
原題:The Great Wall
配給:東宝東和

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST