デヴィ夫人がナレーション!映画『カフェ・ソサエティ』のテレビスポットが解禁

(C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

(C)2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

ウディ・アレン監督の最新作『カフェ・ソサエティ』から、デヴィ夫人をナレーションに迎えたテレビスポットが解禁。デヴィ夫人が語る、作品の魅力が明らかになった。

世間知らずの主人公ボビー(ジェシー・アイゼンバーグ)と、彼からの求愛に迷うヴェロニカ(クリステン・スチュワート)、そしてボビーの前に現れるもうひとりの美女ヴェロニカ(ブレイク・ライブリー)という、個性的な3人の男女が織りなす恋模様を通じて、誰しもが共感できる“人生の選択”というテーマを探求していく本作。

そんな本作のナレーションを担当することになったデヴィ夫人。抜擢の理由は、社交界の華と賞賛され、東洋の真珠と呼ばれていた過去を持ち、ハリウッドのみならず、ニューヨークに夜ごと集う“カフェ・ソサエティ”な人々を描いた本作のイメージにぴったりだからとのこと。完成したテレビスポットでは「デヴィでございます。洒落たセレブをご覧あそばせ。まあ、わたくしには日常ですけど。おほほほほほ!あなた、映画はロマコメよ」と見る者の笑いを誘うナレーションを披露している。

「とっても面白かった!」と自画自賛するテレビスポットが完成したデヴィ夫人。「シャンパン片手に」鑑賞したという本作の魅力について聞かれると、「面白かったわ。人間の弱いところと強いところの両面が出ていて興味深かった。深さがちゃんと描かれているのが良かったわ」と答えている。


映画『カフェ・ソサエティ』
5月5日(金・祝)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国ロードショー

監督&脚本:ウディ・アレン(『ミッドナイト・イン・パリ』『ブルージャスミン』『マジック・イン・ムーンライト』
出演:ジェシー・アイゼンバーグ(『ローマでアモーレ』)、クリステン・スチュワート(『トワイライト』シリーズ)、ブレイク・ライブリー(『ロスト・バケーション』)、スティーヴ・カレル(『フォックスキャッチャー』)、パーカー・ポージー(『教授のおかしな妄想殺人』
2016年/アメリカ/英語/1時間36分/日本語字幕:松崎広幸
提供:KADOKAWA、ロングライド
配給:ロングライド

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジェシー・アイゼンバーグ

生年月日1983年10月3日(34歳)
星座てんびん座
出生地

ジェシー・アイゼンバーグの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST