映画『ジョン・ウィック チャプター2』ファン待望の予告編&本ポスタービジュアルが到着!

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

キアヌ・リーブス演じる最強の殺し屋・ジョン・ウィックの復讐劇に全世界が熱狂した映画『ジョン・ウィック』の続編『ジョン・ウィック チャプター2』(7月7日より全国公開)から、大迫力の本予告と、衝撃的な本ポスタービジュアルが解禁となった。

★伝説の殺し屋VS世界中の殺し屋!痺れる予告編が完成

予告編では、伝説の殺し屋として語り継がれているジョン・ウィック(リーブス)が、車をアクロバティックに操りながら敵を跳ね飛ばす、前人未到のアクション“カーフー”が炸裂。殺し屋を引退したはずが、イタリアン・マフィアのサンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)との血の契約から逃れられないジョンは、申し出を丁重に断ったものの、サンティーノによって家をバズーカで破壊されてしまう。想い出の詰まった家を爆破されたジョンは、怒りに震えながらイタリア・ローマに場所を移し、闘いに臨む準備を開始。敵の弾丸を通さないスーツをまとい、銃+カンフーを融合したアクション“ガンフー”で敵を殺して、殺して、殺しまくる。そんな状況の中、“アカウント部”という謎の組織が登場し、ジョンに懸賞金がかけられることに。その金額はなんと7億円。

★ジョンに突きつけられる無数の銃の意味は?衝撃の本ポスタービジュアル

一方の本ポスタービジュアル(TOP画像)に映し出されているのは、顔中が傷だらけで、右手に銃を持ったジョンの姿。真っ直ぐと前方を睨みつけ、怒りに満ちた表情を見せるジョンだが、彼には無数の銃が突き付けられている。「伝説の殺し屋VS世界中の殺し屋」という言葉の通り、ジョンの復讐に身の危険を感じたサンティーノの手によって、世界中の殺し屋たちから命を狙わるようになり、絶体絶命の状況に陥ってしまうのだ。果たしてジョンは、生き残ることができるのか?世界を敵に回した決死の復讐劇の結末は、ぜひ劇場で確かめてほしい。


映画『ジョン・ウィック チャプター2』
7月7日(金)TOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開

監督:チャド・スタエルスキ『ジョン・ウィック』
​出演:キアヌ・リーブス、コモン、ローレンス・フィッシュバーン
配給:ポニーキャニオン 2017年/アメリカ
原題:John Wick : Chapter 2

ジョン・ウィック

ジョン・ウィック

出演者 キアヌ・リーブス  ミカエル・ニクヴィスト  アルフィー・アレン  エイドリアンヌ・パリッキ  ブリジット・モイナハン  ディーン・ウインタース  イアン・マクシェーン  ジョン・レグイザモ  ウィレム・デフォー  トビー・レナード・ムーア
監督 チャド・スタエルスキ
脚本 デレク・コルスタッド
音楽 タイラー・ベイツ  ジョエル・J・リチャード
概要 「マトリックス」シリーズのキアヌ・リーヴスが、ロシアン・マフィア相手に復讐の鬼と化す伝説の元殺し屋を演じる痛快ガン・アクション・ムービー。監督はこれが初メガフォンとなるチャド・スタエルスキ。愛する妻を病で亡くし、悲しみに暮れるジョン・ウィック。そんな彼の心を癒してくれたのは亡き妻から贈られた一匹の小犬デイジーだった。ある日彼は、マフィアのボスを父に持つ若者ヨセフから、愛車の69年式マスタングを譲ってほしいと迫られ、これを断る。するとヨセフは、夜中にジョンの自宅を襲撃し、マスタングを奪い去っていく。その際デイジーまでをも殺され、すべてを奪われたジョンの怒りが爆発、たった一人で犯人への復讐に立ち上がる。彼こそは、かつて裏社会で恐れられた伝説の殺し屋だったのだ。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST