マックィーンにタルコフスキーも!「死ぬまでにこれは観ろ!2017-キング洋画200連発!-」が発売決定

 

「死ぬまでにこれは観ろ!2017-キング洋画200連発!-」主要タイトル

キングレコードが、「死ぬまでにこれは観ろ!」企画の第5弾として、「死ぬまでにこれは観ろ!2017-キング洋画200連発!-」と銘打ち、7月5日に100タイトル、8月2日に100タイトル、合計200タイトルのブルーレイとDVDを、お値打ち価格で再発売することが決定した(BD:2,500+税/DVD1,900+税)。

「死ぬまでにこれは観ろ!」は、過去に発売した膨大な作品群の中から、死ぬまでに絶対観るべきとお薦めする超面白映画を選びぬき、手ごろな価格で多くの映画ファンに見てほしいという趣旨のもと、2014年より実施されているキャンペーン。2017年の最大の特徴は、発売本数。これまで、2014年は洋画50タイトル、2015年は洋画100タイトル、そして昨年2016年は初の邦画リリースで夏は80タイトル、冬は70タイトルを発売した。

しかし、今年はなんと過去最大の洋画全200タイトル。あまりの多さに一挙発売を見送り、7月5日と8月2日の2回に分けて発売となった。さらに、作品数の増加に伴い、作品の振れ幅も過去最大級に拡大。スティーヴ・マックィーン主演の大傑作『パピヨン』が遂に初登場するほか、昨年、初ブルーレイ化されたトビー・フーパー監督『悪魔のいけにえ2』がDVDのみながらも、手ごろな価格で早くも発売となった。

一方のSFジャンルでは、旧ソ連の巨匠アンドレイ・タルコフスキーによるSF映画の金字塔『ストーカー』から「精子だしたら、地球滅亡」のキャッチコピーで話題をさらった韓国のSF・B級アクション『エイリアンビキニの侵略』などがラインナップ。さらに、アカデミー賞主演女優賞受賞のマリオン・コティヤール主演『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』は、いきなり廉価での発売という初の試みになった。さらにさらに、大好評の対象商品を3枚購入すると、希望賞品がもれなく1枚もらえるキャンペーンも、期間限定で実施するという。

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST