ジェームズ・マカヴォイ、誕生日にロボットレストランに行ったことを告白!

ジェームズ・マカヴォイ

ジェームズ・マカヴォイ

25日に都内で映画『スプリット』のティーチインイベントが行われ、主演を務めたジェームズ・マカヴォイと、メガホンを取ったM・ナイト・シャマラン監督が登壇。21日に迎えた38歳の誕生日をどう過ごしたか聞かれたマカヴォイは、「ロボットレストランに行ったんだ!」と明かして会場を沸かせた。

>写真をもっと見る

『スプリット』は、パーティーからの帰り道に誘拐された3人の少女と、解離性同一性障害を抱える誘拐犯が繰り広げる駆け引きを描くスリラー映画。劇中で9人の人格を演じ分けたマカヴォイは、来日の感想を問われると「本当にオシャレでスタイリッシュな街だと思っているよ。昨日、コーヒーを飲みながら30人くらい周りの人を見ていたら、みんなおしゃれに決まっていたね。ただその中で、一人だけダサい人がいたんだけど、やっぱり西洋人だったよ」とジョークを飛ばし、これには会場も爆笑。

シャマラン監督(左)

シャマラン監督(左)

一方のシャマラン監督は、「コミックを売っているお店に行きたかったんだけど、どこに行けばいいかな?良ければ教えてよ」とにっこり。作品賞のアナウンス間違いがあったアカデミー賞の授賞式について、「あのシナリオは僕が書いたんだ」と綴ったツイートについて質問されると、「いたずらでツイートしたら、1万人が一瞬でリツイートしたんだ(笑)」と楽しそうに振り返った。

当日は、詰めかけたファンからの質問に2人が答える一コマも。先日に迎えた誕生日の過ごし方について聞かれたマカヴォイは、「人生で見てきた中で、最もクレイジーなことの一つをしながら過ごしたよ。西洋人だけじゃなく、日本人も大好きな『ロボットレストラン』に行ったんだ!すごく奇妙だったね。僕の後ろの席にいた日本人に『日本人はいないみたいだけど、ここは西洋人のためだけにあるの?』と聞いたら、『みんな好きで、もう来てるの』と言われたよ」と笑顔で明かしていた。

(取材・文:岸豊)


映画『スプリット』
2017年5月12日(金)全国公開

監督・製作・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:ジェイソン・ブラムほか
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソンほか
2017年/アメリカ/英語/117分/原題:SPLIT/字幕翻訳:風間綾平
配給:東宝東和

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST