母の日直前!『湯を沸かすほどの熱い愛』に負けない熱い母が登場する映画4選-TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

4月26日(水)にレンタル開始の『湯を沸かすほどの熱い愛』には、宮沢りえ演じる家族を支える強い母が出てきます。 国や環境はは違えども、強くて、印象的な母が出てくる映画をご紹介します。

新たな家族像。それを支える強い母。

  湯を沸かすほどの熱い愛

湯を沸かすほどの熱い愛

好評レンタル&発売中

『チチを撮りに』の中野量太監督が宮沢りえを主演に迎えて贈る感動の家族ドラマ。夫が蒸発し、中学生の娘がイジメに苦しむ中、突然余命2ヵ月と宣告された主人公が、絶望することなく持ち前の明るさで家族の再建に奔走していく姿を描く。

【熱い母のPoint】

第40回日本アカデミー賞、最優秀主演女優賞、助演女優賞の二冠をとったこの作品。

家族の中心であるお母ちゃんが、余命宣告されるところから話ははじまります。お母ちゃんは、自分の事より、家族が安心して生きていけるようにと、思い残した事を片付けていきます。一見普通の家族のように見えますが、複雑な家族構成でやるべきことは多く、 一つ一つの出来事が、家族の絆をさらに強くし、涙なしには観れません。家族のことばかり考えているお母ちゃんですが、途中お母ちゃんの母親に会いにいくシーンがあります。お母ちゃんは母であり、娘でもある強くて弱い姿は心が締め付けられました。

作品詳細・レビューを見る

閉ざされた世界、開かれ世界、子のため戦う母

  ルーム

ルーム

好評レンタル&発売中

閉ざされた[部屋]で暮らす、ママとジャック。体操をして、TVを見て、ケーキを焼いて、楽しい時間が過ぎていく。しかし、この部屋が、ふたりの世界の全てだった。[部屋]で5歳の誕生日を迎えたジャックに、ママは話しはじめた。「この部屋の外にも世界があるの。」閉ざされた[部屋]で生れ育った息子に本当の<世界>を見せるために、母は脱出を図る。

【熱い母のPoint】

原作者が脚色していることもあり、原作のテーマは守られているこの作品。原作同様、二部構成になっており、部屋の中、外での母子の葛藤や成長がみどころです。

母は、部屋の中では、制限される環境で子を育てるために葛藤します。部屋の外では、迫られるたくさんの情報から子を守り、自分の身におきた事件と向き合います。 アカデミー主演女優賞に選ばれたブリーラーソンの切迫した演技は、一緒に同じ世界で戦っているような感覚になり、印象に残る作品です。

作品詳細・レビューを見る

猟奇的な息子愛の母

  母なる証明

母なる証明

好評レンタル&発売中

「殺人の追憶」「グエムル -漢江の怪物-」のポン・ジュノ監督がとある寒村を舞台に、息子の無実を信じてたった一人で真犯人探しに奔走する母親の執念の姿をスリリングに描き出した衝撃のヒューマン・サスペンス・ミステリー。息子役に「ブラザーフッド」のウォンビン、母親役にTVドラマを中心に活躍するキム・ヘジャ。

【熱い母のPoint】

知的障害の息子をおっかけては、体を案じ、失敗を償う母の姿から話がはじまります。普通より少し過剰な親子関係の話かと思いきや、村で起きた殺人の容疑を息子にかけられた事で、母は徐々に豹変します。息子の潔白を明らかにするため色んな手を使い、抜けることのできない深いやみに母と子は落ちていきます。 映画は、母の視点で話が進んでいく行くため、事件が解明していくほど、心が揺さぶられます。

最後の30分は予想もしなかった息子の行動(やさしさ?)に向きあい、今まで経験したことのない苦い感情でいっぱいになります。

作品詳細・レビューを見る

思春期の頃みていた母

  マイマザー

マイ・マザー

好評レンタル&発売中

世界的に注目を集めるカナダの新鋭グザヴィエ・ドラン監督が19歳で鮮烈なデビューを飾った青春ドラマ。17歳で描き上げた脚本を自ら監督・主演を務めて映画化。平凡な17歳の青年が、母親に対する理屈を超えた嫌悪に戸惑いながらも苛立ちを抑えられずに葛藤する姿を瑞々しく綴る。

【熱い母のPoint】

母と息子を描く事の多いドラン監督のなかでも、より現実的で感情移入してしまうのがこの作品です。

感情の激しい不器用なシングルマザー、反抗期中の16歳の息子の二人暮らし。朝ゴハンをたべ、息子を車で学校に送っていくだけで喧嘩がはじまります。 どこでもありそうな光景ですが、母は子育てが不安になり、息子は子であることに自信をなくします。二人はこの状態を何とかしようとしますが、どんどん悪い方へむかっていきます。主人公の母親に対する一方的な感情の描写は、心に入り込んできて、 ふと気が付くと、反抗期時代の自分と向き合うことになります。

作品詳細・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:ふじこ

SFアクション映画好きの父、韓流ドラマにどっぷりはまった母に育てられた田舎娘。上京し、映画の版権管理の仕事をして早8年。 いつかは、高画質プロジェクターと、それが映せるような大きな家がほしいと夢見ながら日々映画と向き合ってます。

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

ルーム

ルーム

出演者 ブリー・ラーソン  ジェイコブ・トレンブレイ  ジョーン・アレン  ショーン・ブリジャース  ウィリアム・H・メイシー  トム・マッカムス  アマンダ・ブルジェル  ジョー・ピングー  キャス・アンヴァー  ランダル・エドワーズ
監督 レニー・アブラハムソン
製作総指揮 アンドリュー・ロウ  エマ・ドナヒュー  ジェシー・シャピーラ  ジェフ・アークス  デヴィッド・グロス  ローズ・ガーネット  テッサ・ロス
脚本 エマ・ドナヒュー
原作者 エマ・ドナヒュー
音楽 スティーヴン・レニックス
概要 閉ざされた[部屋]で暮らす、ママとジャック。体操をして、TVを見て、ケーキを焼いて、楽しい時間が過ぎていく。しかし、この部屋が、ふたりの世界の全てだった。[部屋]で5歳の誕生日を迎えたジャックに、ママは話しはじめた。「この部屋の外にも世界があるの。」閉ざされた[部屋]で生れ育った息子に本当の<世界>を見せるために、母は脱出を図る。初めて<世界>を目にしたジャックはー。
作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説をブリー・ラーソン主演で映画化。大きな愛に、溢れかえる希望に、涙が止まらない。アカデミー賞主演女優賞受賞。衝撃と感動の物語。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

宮沢りえ

生年月日1973年4月6日(45歳)
星座おひつじ座
出生地東京都練馬区

宮沢りえの関連作品一覧

ブリー・ラーソン

生年月日1989年10月1日(28歳)
星座てんびん座
出生地

ブリー・ラーソンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST