映画『パワーレンジャー』からバトルシーン満載の予告編映像・第2弾が解禁!

 

(c)2016 Lionsgate TM&(c) Toei & SCG P.R.

“メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッドの超大作映画『パワーレンジャー』(7月15日より全国公開)から、バトルシーン満載の【予告編映像第2弾】が解禁となった。

解禁された第2弾予告編は、古代の地球で世界の運命を決する戦いが終焉を迎える場面から幕を開ける。時代は現代に移り、お互いを知らない5人の高校生・ジェイソン、キンバリー、ビリー、トリニー、ザックは、ある日偶然にも同じ時間、同じ場所に居合わせ、不思議なコインを手にしたことから、スーパーパワーを手に入れる。そして彼らは風変わりなおしゃべりロボのアルファ5と、かつて地球を守っていた戦士・パワーレンジャーのリーダーで、今は壁の中に魂だけを残すゾードンによって、地球を救うヒーローになる使命を与えられる。

「これアイアンマン系?スパイダーマン系?」と自分たちに与えられた使命に、冗談を飛ばしながらゲーム感覚で向き合っていた5人。しかし、最強最悪の敵・リタ・レパルサの手によって次々と破壊されていく故郷を目の当たりにしたとき、5人は遂に“パワーレンジャー”になるという運命を受け入れる。そして、チームとしての<絆>が生まれたその時、「イッツモーフィンタイム!」の掛け声と共に、新しいヒーロー“パワーレンジャー”が誕生!

アルファ5の「ゴーゴーパワーレンジャー!」の掛け声と共に、次第にヒーローらしくなっていくメンバーに、「なりたてレンジャーね、かわいいわ」と余裕の表情で迎え撃つリタ。熾烈を極める戦いに追い打ちを掛けるように登場したのは、黄金の怪人・ゴールダーだ。ティラノサウルス、マストドン、サーベルタイガー、トリケラトプスやプテロダクティルスの形をした“ゾード”と呼ばれる大型戦闘マシンにそれぞれ乗り込んだパワーレンジャーは、リタとゴールダーを倒し、地球を救うことができるのか?そして最後に登場するゾードたちの合体ロボ・メガゾードのバトルの行方やいかに?夏の公開が待ち遠しくなる映像は、何度見ても飽きないだろう。

『パワーレンジャー』とは?
1993年に全米で放送開始され、20年以上も続くテレビシリーズ。日本の特撮シーンと、外国人キャストで撮り直したドラマシーンを再編集して生まれたこのヒーローは、瞬く間に全米で人気を博し、アメリカの子供番組史上最高視聴率を記録。クリスマスに玩具の品切れ騒動が起こるなど、まさに社会現象となった。今もなお放送が続き“米国で最も成功したジャパニーズコンテンツ”と言われている日本が誇るスーパーヒーロー。それが「パワーレンジャー」だ。


映画『パワーレンジャー』
2017年7月15日公開

<

【監督】ディーン・イズラライト
【脚本】ジョン・ゲイティンズ(『フライト』『キングコング: 髑髏島の巨神』『リアル・スティール』)、アシュリー・ミラー
【製作総指揮】アリソン・シェアマー(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『ハンガーゲーム2』『シンデレラ』)、ブレント・オコナー(『グッド・ウィル・ハンティング』『ジュマンジ』
【キャスト】デイカー・モンゴメリー/RJ・サイラー/ナオミ・スコット/ベッキー・G/ルディ・リン/ビル・ヘイダー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)/ブライアン・クランストン(『GODZILLA』『トータル・リコール』)、エリザベス・バンクス(『スパイダーマン』『ピッチ・パーフェクト』シリーズ)

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST