古田新太と山里亮太、映画『パワーレンジャー』のボイスキャストに決定!

(c)2016 Lionsgate TM&(c) Toei & SCG P.R.

(c)2016 Lionsgate TM&(c) Toei & SCG P.R.

“メイド・イン・ジャパン”のヒーローを総製作費120億円の圧倒的スケールで描く、日米ハイブリッドの超大作映画『パワーレンジャー』が、7月15日より全国公開を迎える。先日発表された日本具吹き替え版のレッドレンジャー(ジェイソン)役・勝地涼とピンクレンジャー(キンバリー)役・広瀬アリスに続き、太古の地球で世界を守っていた5人の戦士=“パワーレンジャー”の元レッドレンジャー・ゾードン役として古田新太、そして、5人をサポートするおしゃべりなロボット・アルファ5役として山里亮太(南海キャンディーズ)がボイスキャストを務めることが決定した。

元レッドレンジャー・ゾードン役は古田新太!

6,500万年前、地球滅亡の危機を救った戦士・パワーレンジャーの生き残り・元レッドレンジャーのゾードンを演じるのは、今や映画に、ドラマ、舞台と活躍の幅は絶大で様々なキャラクターを演じ分ける実力派俳優・古田新太。

これまでにレッドレンジャー役の勝地とは幾度も共演経験があり、これから行われるアフレコでも息の合った共演に期待が高まる。古田が演じるゾードンは、かつて“パワーレンジャー”を率いていた元・レッドレンジャーで、最後の戦いで肉体を消滅させてしまうが、アルファ5によって魂だけ救われた壁の中の人物。宿敵リタの侵攻から地球を守るため、パワーコインに選ばれた高校生5人の戦士たちに、“パワーレンジャー”になる使命を与えるキャラクターだ。

おしゃべりロボット・アルファ5役は山里亮太!

ゾードンの指示のもと、5人の新米レンジャーをサポートするおしゃべりなロボット・アルファ5役を務めるのは、お笑いタレントから、番組MC、ナレーター、コメンテーター、パーソナリティーなど、活躍の幅を広げ続け、東映作品でも「スーパー戦隊」から「プリキュア」まで出演作が相次ぐ山里亮太(南海キャンディーズ)。

アルファ5は、6,500万年もの間、地球の地下で新たな戦士・パワーレンジャーが現れることを待ち続けてきた機械生命体で、ゾードンの指示のもと、5人の高校生をサポートし、訓練するキャラクター。おしゃべりで更には愛されキャラというところから、様々な分野で活躍し、愛され続ける“山ちゃん”の声が選ばれた。


映画『パワーレンジャー』
2017年7月15日公開

<

【監督】ディーン・イズラライト
【脚本】ジョン・ゲイティンズ(『フライト』『キングコング: 髑髏島の巨神』『リアル・スティール』)、アシュリー・ミラー
【製作総指揮】アリソン・シェアマー(『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』『ハンガーゲーム2』『シンデレラ』)、ブレント・オコナー(『グッド・ウィル・ハンティング』『ジュマンジ』
【キャスト】デイカー・モンゴメリー/RJ・サイラー/ナオミ・スコット/ベッキー・G/ルディ・リン/ビル・ヘイダー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)/ブライアン・クランストン(『GODZILLA』『トータル・リコール』)、エリザベス・バンクス(『スパイダーマン』『ピッチ・パーフェクト』シリーズ)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

古田新太

生年月日1965年12月3日(52歳)
星座いて座
出生地兵庫県神戸市

古田新太の関連作品一覧

山里亮太

生年月日1977年4月14日(41歳)
星座おひつじ座
出生地千葉県

山里亮太の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST