『幼な子われらに生まれ』追加キャスト発表!nicola専属モデルの南沙良が出演

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

映画『幼な子われらに生まれ』に出演する南沙良/(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

直木賞作家・重松清の傑作原作を映画化し、8月26日より公開となる『幼な子われらに生まれ』に、追加キャストとして南沙良が出演していることが明らかになった。

>写真をもっと見る

本作は、44歳の信が、元妻、現在の妻、妻の連れ子、元妻と暮らす実娘、そして新しく産まれくる命をめぐって不器用な大人たちが成長していくヒューマンドラマ。重松清の傑作小説を基に、夫婦別姓、同性婚など、家族のあり方を問うと同時に、つぎはぎだらけのパッチワークのような家族の中で、成長していく大人たちをリアリティあふれるタッチで、かつ優しく見守るように描く。

バツイチ子持ちで再婚した中年サラリーマンの主人公・信(浅野忠信)は、二度目の妻・奈苗(田中麗奈)とその連れ子の二人の娘と共に、平凡ながらも幸せを感じて生活していた。仕事への熱意はあまりないが、2度目だからこそ家庭を大事にし、連れ子にも父親として誠心誠意接しているつもりだ。しかし、奈苗の妊娠が発覚し、それを契機に長女が「ほんとうのパパ」に会いたいと言いはじめる。前の父親・沢田(宮藤官九郎)とはDVが原因で離婚しており、信と妻は面会を反対するが、長女は露骨にいやがる態度と辛辣な言葉で、父親としての信の存在自体を否定する。長女との関係、そして今の家族に息苦しさを覚え始める信は、やるせなさを抱えたまま、前の父親に長女を会わせることに。

長女を前妻(寺島しのぶ)との娘とつい比べてしまい、前妻に愚痴をこぼす信。今の家庭を維持することに疲れ、これから生まれ来る命の存在すら否定したくなる信だが―。血の繋がりのない他人と家族になるために、葛藤し成長していく彼らの姿を通して「幸せ」のカタチが浮かび上がってくる。父にならなければ、母にならなければ...そんな誰もが背負う「役割」をちょっとだけ軽くする、希望あふれるラストが余韻に残る。

田中麗奈が演じる奈苗と、宮藤官九郎が演じる沢田の間に生まれた長女・薫役に挑んだ南は、「nicola(二コラ)」専属モデルとして活躍する中、約200人のオーディションの中から選ばれた逸材。浅野忠信演じる信と再婚し、新たな父が出来た長女役を演じる。別れた沢田は、子供が生まれるとともに家にいつかなくなり、子供や妻に暴力をふるうこともあった。信は真摯に新しい娘たちと向き合おうとするが、薫は他人と暮らすことに違和感を覚え、なかなかなじむことができない。そんな微妙な心境を持つ繊細な12歳の等身大の姿を自然にリアルに演じている。

【南沙良コメント】
◆初めて映画の撮影をしてみての感想は?
「初めてで本当に右も左も分からない状態だったのですが、そんな中で皆さんが支えてくださったりアドバイスをくださったりして、すごく恵まれているなと思いました。」
◆オーディションを受けて、決まった時の感想は?
「すごく嬉しかったです。でも驚きすぎて、現場に入ってやっと実感がわいてきました。」
◆浅野忠信さんとの共演についてどのように感じたか?
「浅野さんは本当に透明感があって、とても優しい方で、そんな浅野さんとご一緒にお芝居をすることができて本当に嬉しかったです。」
◆田中麗奈さんとの共演についてどのように感じたか?
「田中さんは面白くて、可愛らしくて、とてもお綺麗で、よく気にかけてくれたり、お姉さんがいたらきっとこんな感じなんだろうなぁと思っていました。田中さんのお芝居を間近で見ることができて、とても刺激をもらうことができました。」
◆撮影中に思い出に残っているエピソードは?
「撮影期間中に、誕生日を迎えたんですけど、浅野さんや田中さん、スタッフさんがケーキとプレゼントを用意してくださって、とても嬉しかったです!」
◆この映画の見どころは?
「この映画は、家族の暖かさや、大切さだったり、家族とは何かというのを改めて感じることのできる作品なので、是非ご家族で観ていただきたいです。」


映画『幼な子われらに生まれ』
8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

出演:浅野忠信 田中麗奈/水澤紳吾 池田成志 南沙良 鎌田らい樹 新井美羽/宮藤官九郎 寺島しのぶ
原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫刊)
監督:三島有紀子(「幸せのパン」「繕い裁つ人」)
脚本:荒井晴彦
配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch)

フォトギャラリー

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST