<インタビュー>映画『聲の形』西宮硝子役・早見沙織×西宮結絃役・悠木碧

早見沙織(左)、悠木碧(右)

「このマンガがすごい!」の、'15年オトコ編第1位など数々の賞に輝いた大今良時のコミックを、京都アニメーションが映画化。興行収入23億円超の大ヒットを記録した映画『聲の形』が待望のDVD化! 本作で西宮硝子・結絃姉妹のキャラクターボイスを担当した早見沙織と悠木碧が、作品に込めた思いを語る。

「観るたびに違った気付きをくれる作品です」──早見
「早見さんといいコンビネーションを発揮できました」──悠木

早見:心のいろいろなところに刺さり、揺さぶられ、でも包まれているような何とも言えない感情になりました。私自身がマイクの前でお芝居しているときには、あまり完成したその先のことは考えていませんでしたが、みなさまから大きな反響をいただけたのは、作品のパワーがスクリーンを通して伝わったということなのかなと思います。

悠木:描き方によっては誰かを傷つけかねない題材だとは感じました。ですが、この作品は硝子の聴覚障害を、将也やほかのキャラクターたちが同じように抱えている問題の一つとしてとらえていますよね。耳が聞こえないことについて、いかに特別に考えていたかということに気付かされましたし、たくさんの共感と発見がありました。

早見:アフレコ前に打ち合わせをしたんですが、そのときに山田監督からいただいたキーワードが“希望”でした。お芝居をしていくなかで、さまざまな感情が渦巻きましたが、この言葉をいただけたことで、立ち返るべき場所をもらえました。

悠木:結絃に限定したことではないですが、監督は、「この作品の登場人物には、いじらしい愛しさがある」と表現されていて、それがすごく的確でふに落ちました。「結絃はネコみたいな子」と説明されたのも、演じるにあたって大きな核になりましたね。(妹として)硝子と仲よくなるというより、“懐く”という感じを出そうと思い演じました。

早見:作品のカラーが反映したのかもしれませんが、アフレコ中のキャストみなさまの空気感がとても印象的でした。繊細で、静かで、ときに激しく、でも優しい雰囲気がある。舞台挨拶でいろんな劇場を回った際にも同じようなことを感じましたね。

悠木:早見さんとは5年ほど一緒にラジオをやらせてもらっているので普段から仲がいいのですが、ここまで近しい間柄の役を演じるのは初めてでした。いいコンビネーションを発揮できてよかったです。

早見:画も、音も、物語も、人間も、観るたびに違った気付きをくれる作品なので、繰り返し観てもらえるとうれしいです。

悠木:必ずどこかに共感してもらえる作品だと思います。おばあちゃんのお葬式で、硝子と結絃がやり取りをするシーンがお気に入りなので、ぜひ注目してください。

◆PROFILE

早見沙織(左)
Saori Hayami/'07年に声優デビュー。TVアニメ『バクマン。』('10〜'13)の亜豆美保、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』('11)の鶴見知利子などを担当。歌手としても活躍中。
悠木碧(右)
Aoi Yuki/子役として活躍していた'03年に声優デビュー。代表作は、TVアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』('11)の鹿目まどか役、『妖怪ウォッチ』('14〜)の未空イナホ役ほか。

映画『聲の形』

映画『聲の形』

NOW RENTAL & ON SALE
'16年・日
監督/山田尚子(京都アニメーション)
原作/大今良時
声/入野自由、早見沙織、悠木碧、小野賢章、金子有希、石川由依、潘めぐみ、豊永利行、松岡茉優
【セル】3,800円(税抜)、5,200円(税抜/ブルーレイ)、8,000円(税抜/ブルーレイ2枚組)

⇒作品詳細・レビューを読む

(文:くれい響)

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

早見沙織

生年月日1991年5月29日(27歳)
星座ふたご座
出生地東京都

早見沙織の関連作品一覧

悠木碧

生年月日1992年3月27日(26歳)
星座おひつじ座
出生地千葉県

悠木碧の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST