加藤浩次、『アベンジャーズ』との絡みに向けて「不祥事には気をつけましょうね!」とメンバーに呼びかけ

(左から)遠藤憲一、山寺宏一、秋元才加、加藤浩次

(左から)遠藤憲一、山寺宏一、秋元才加、加藤浩次

マーベル・スタジオ最新作、銀河一“ヤバい”ヒーロー・チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”が、ノリと笑いで銀河を守る!? 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』がいよいよ5月12日(金)より日本公開となる。

日本公開を直前に控えた8日(月)、都内にて日本版吹替版キャストの山寺宏一加藤浩次遠藤憲一秋元才加が舞台挨拶イベントに登壇。しかし、通常とは違った意味でビシっと決めて…それぞれが役になりきった特殊メイクで登場したのだ。

ノリノリの山寺

ノリノリの山寺

>写真をもっと見る

登場から音楽に合わせてノリノリの山寺と、対象的に不安そうに立ち尽くす加藤。「結構時間かけてやってきたんですけど、(僕が登場した時に)ことのほか反応が薄かったんですよね」とMCに訴えかけ、早速笑いを誘う。さらに「我々ね、山寺さん。一時間半とか(メイクに)かかるんですよ。山寺さんは?」とまさにロケットばりに畳み掛ける加藤。山寺の「僕はもみあげだけなので3分です」との回答に「全然…楽でしたねぇ!」とツッコんでいく。やはり不安な加藤は「(再現度)いいのかな、これねぇ」と問いかけるも、会場からは大きな拍手が返されて納得した様子。

この格好に不安だった様子の加藤

この格好に不安だった様子の加藤

さらに加藤が「これね、ロケットの衣装を着なかったら劇団四季の『CATS』みたいな…『CATS・オブ・ギャラクシー』みたいになってるんですよ(笑)」と笑いを取る中で、驚異の再現度なのは秋元のマンティス。「虫感がより強くなった感じですけど…。マンティスになるのを楽しみにしていた」という秋元の変身ぶりに「そのまんまですよ」(山寺)、「これを頭に入れたら、そっくりだとわかりますよ」(加藤)と大絶賛。

正直再現度高すぎの秋元

正直、再現度高すぎの秋元

そして最後には25cmのベビー・グルートとして登場した遠藤の番に。「自分の職業がわからなくなる」と開口一番コメントして笑いを巻き起こし、加藤からは「遠藤さんの顔は“木”っぽいですよね」と再現度の高さに感心したツッコミが。変身イジリで一通り盛り上がった後、改めて「我々今恥ずかしい状態じゃないですよね? 大丈夫ですよね??」と念を押す加藤。山寺は「ここまでやったのは日本だけですって。みんな断るから(笑)」と話すと、加藤も「キャスト全員快くOKしたというね」と裏話を披露してみせた。

遠藤はベビー・グルートに!

遠藤はベビー・グルートに!

前作に引き続き、ノリノリの音楽がひとつ大きな特徴となっている本作。山寺は「僕が学生時代に聴いていた、70~80年代の洋楽のヒット曲がたくさん出てくる。今登場する時に流れていたスウィートの“フォックス・オン・ザ・ラン”は大好きで。これは予告では使われているけど、本編では使われてないそうです。サントラには入っていますけどね! あと、エレクトリック・ライト・オーケストラの“ミスター・ブルー・スカイ”も大好きだし、フリートウッド・マックとか青春の音楽がたくさん流れます。僕ら世代もそうだけど、若い世代にもこんなヒット曲がかつてあったのか!と新鮮に聴けると思います。それがさらに映画のシーンを楽しくしてくれる」と興奮ぎみに早口でまくし立てていく。

また、本作では小さくなったグルートも一つの見所で、加藤は「ロケットとベビー・グルートのとのやり取りを観て欲しい。やり取りは本当に面白いし、物語を面白くしている」と太鼓判。秋元も「女性なら、ベビー・グルートだけでもこの作品が大好きになると思う」と続く。そして遠藤からは「オープニングでベビー・グルートが踊っているけど、あのモーションは監督(ジェイムズ・ガン)が演っているんですよ」と思わぬ裏話も飛び出した。

さらに「実は、結構早い時期にまた『ガーディアンズ~』のメンバーに会えるんですよね、加藤さん?」との振りに「来ましたね…是非モンの質問が来ましたね!」と力強く答える加藤。「なんとですね…来年!『アベンジャーズ』にこの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のメンバーが出るらしいんですよ」とコメントすると会場からは大きな拍手が。山寺は「大丈夫ですかね? でも考えてみてください? 彼らは地球を守るために頑張ってきた。でも我々は銀河守ってますからね! 余裕ですよ」と、そして加藤は「来年僕も多分やらせてもらえることになると思うんですが…不祥事には気をつけたいと思いますね(笑)。皆気をつけましょうね!」と呼びかけて笑いを誘い、「不倫、タクシーには気をつけましょう」と念を押していた。

最後に山寺は「最後の最後まで色んな意味で楽しめる作品なので、心して観ていただきたい」とコメントして、イベントを締めくくった。


映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
2017年5月12日(金)日本公開

原題:Guardians of the Galaxy Vol. 2
監督:ジェームズ・ガン
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ 他
配給表記:ウォルト・ディズニー・ジャパン

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

出演者 クリス・プラット  ゾーイ・ザルダナ  デイブ・バティスタ  ジャイモン・フンスー  ジョン・C・ライリー  グレン・クローズ  ベニチオ・デル・トロ  リー・ペイス  マイケル・ルーカー  カレン・ギラン
監督 ジェームズ・ガン
製作総指揮 ルイス・デスポジート  アラン・ファイン  ヴィクトリア・アロンソ  ジェレミー・レイチャム  ニック・コルダ  スタン・リー
脚本 ジェームズ・ガン  ニコール・パールマン
原作者 ダン・アブネット  アンディ・ラニング
音楽 タイラー・ベイツ
概要 「アベンジャー」シリーズのマーベル・コミックが宇宙を舞台に描く同名スーパー・ヒーロー・チームを主人公とする痛快アクション・アドベンチャー超大作。ひょんな成り行きから銀河の平和を守るために立ち上がったはみ出し者ヒーローたちの活躍をアクションとユーモア満載に描く。監督は「スリザー」「スーパー!」のジェームズ・ガン。幼くして地球から誘拐されたピーターは、今や宇宙をまたにかけるプレイボーイのトレジャーハンター。自ら“スター・ロード”と名乗り、どんなピンチも持ち前の悪知恵と度胸で乗り切ってきた。そんなある日、ピーターは強大な力を秘めたパワー・ストーン“オーブ”を手に入れる。しかしそのせいで、銀河存亡を懸けた戦いに巻き込まれてしまうピーターだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST