公開2か月の『モアナ』がGWも大ヒット!道重さゆみら芸能人も絶賛

 

(C)2017 Disney. All Rights Reserved.

公開中の『モアナと伝説の海』が、春休みからゴールデンウィークにかけてロングラン大ヒットとなっており、週末の映画動員ランキングで8週連続トップ10入り。5月4日には、今年公開作品で初の興行収入50億円を突破し、(『美女と野獣』も同時突破)動員・興収ともに春休み公開映画でNo.1の座をキープ(5月7日までの動員:4,170,602人、興行収入:5,079,558,800円)。人間が主人公のディズニー・アニメーション映画としては、2014年公開の『アナと雪の女王』(最終興行成績255億)に次ぐ動員・興行収入を記録している。

★GWもリピーター続出!芸能界から絶賛の声も
『美女と野獣』『ワイルド・スピード ICE BREAK』などの大作が公開されるGW興行で、本作は家族連れやカップル、友人同士などを集客。複数回のリピーターも続出しているようだ。すでに公開から約2か月が経つが「モアナ4回目キメてきた!」「モアナリピって改めて思ったけど、この映画とても好き」「上映が終わる前にもう1回『モアナ』を観に行きたい」「モアナを思い出すとちょっと元気になる」など、絶賛の声が後を絶たない。また一度聴いたら忘れられない主題歌「どこまでも~How Far I’ll Go~」にハマる人も続出している。

同曲に関しては、5月5日に放送された「関ジャニ∞のTheモーツァルト音楽王No.1決定戦」(テレビ朝日)のカラオケ王No.1決定戦でも歌われたほか、イモトアヤコはモアナのコスプレをして「世界の果てまでイッテQ!」にて熱唱するなど、芸能界も席巻中。一方、元モーニング娘。の道重さゆみは、ブログで「映画『モアナと伝説の海』みました。素敵な映画でしたーー幸せな気持ちになったぁ。モアナの小さい頃のシーンが好き!!ちびモアナ可愛い。映像も綺麗だし、歌も楽しかったし、何度も見たくなる映画でした」と本作を絶賛している。

★主題歌「どこまでも~」の歌ってみた動画がSNSで続々投稿!
ディズニーヒロイン史上最大級のオーディションで選ばれたモアナ役の日本版声優・屋比久知奈、エンドソングを担当する加藤ミリヤが歌う主題歌「どこまでも~How Far I’ll Go~」のほか、マウイ役の尾上松也が歌う「俺のおかげさ」など、本作では物語を彩る数々のオリジナルソングが話題となっており、屋比久が生歌を披露する動画は360万回以上再生されている。また、現在開催中の「ディズニー・ハワイアン・コンサート」では、屋比久の生歌唱や、その他モアナの曲が多数ハワイの実力派ミュージシャンの演奏で生披露されているので、こちらも要チェックだ。


映画『モアナと伝説の海』
全国大ヒット上映中!

監督:ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー(『リトル・マーメイド』『アラジン』
製作:オスナット・シュラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
原題:Moana
全米公開:2016 年11月23日

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジョン・ラセター

生年月日1957年1月12日(61歳)
星座やぎ座
出生地アメリカ・カルフォルニア州ハリウッド

ジョン・ラセターの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST