【映像】『メッセージ』謎の飛行体に潜入!衝撃の内部構造とは…?

映画『メッセージ』

映画『メッセージ』

アカデミー賞(R)8部門ノミネートを初め、世界中で驚きと称賛をもって迎えられたSF感動作『メッセージ』(5月19日公開)。このたび、巨大な“謎の飛行体”へ初潜入する様子が収められた映像が解禁となった!

巨大なトンネルは、“垂直”に歩く…?

テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を原作に『ブレードランナー 2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化。独創的な映像美と世界観で世界中の映画賞を席巻している。この度、解禁となった映像冒頭は“彼ら”との対面におびえる“娘を亡くした母”ルイーズの不安な表情が映し出される…。

飛行体にゆっくりと近づく様子からは静かな緊張感が伝わってくる。そして、ついに“飛行体の内部”へ進んでいくのだが、驚きなのはその潜入の仕方だ。奇妙な四角いトンネルに工事現場で見かけるようなリフトで上昇。その先からは重力がなくなり、“側面”に立ちながら天に向かって歩き出す。

実はこのシーン、実際にセットを制作して撮影されていた。ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は、「ルイーズたち人類が“彼ら”と接触するためのツールは、現実社会にある技術を使わせたかったんだ」と、観客たちに共感を呼ぶ工夫があると明かしている。そんな監督のこだわりに、ジェレミー・レナーは「僕らはリフトに乗り、約10メートルも昇って巨大なトンネルに入っていった。こんなリアルな環境があったからこそ、その不思議な体験を肌で感じられたんだ」と役者たちの演技にも影響を与えたと語る。

さらに、主演エイミー・アダムスは「この映画で起こったことは、もしかすると私たちの世界で明日、起こることかもしれない。世界がどう反応するのかを描いているのよ」と、非現実的な題材でありながらリアリティが追求されているとも説明している。


映画『メッセージ』
5月19日(金)TOHO シネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ(『プリズナーズ』『複製された男』『ボーダーライン』)
脚本:エリック・ハイセラー(『ライト/オフ』)
原作:テッド・チャン(「あなたの人生の物語」ハヤカワ文庫刊)
キャスト:エイミー・アダムス(『アメリカン・ハッスル』『バットマンvs スーパーマンジャスティスの誕生』)、ジェレミー・レナー(『ハート・ロッカー』『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』)、フォレスト・ウィテカー(『ラストキング・オブ・スコットランド』『大統領の執事の涙』)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST