映画『怪物はささやく』公開記念-ちょっと怖いけどウルッとくるダークファンタジー5選

映画『怪物はささやく』

映画『怪物はささやく』/(C)2016 APACHES ENTERTAINMENT, SL; TELECINCO CINEMA, SAU; A MONSTER CALLS, AIE; PELICULAS LA TRINI, SLU.All rights reserved.

スペインのアカデミー賞として名高いゴヤ賞にて、本年度最多9部門受賞の話題作、『怪物はささやく』が、6月9日(金)よりTOHOシネマズ みゆき座他にて全国公開。難しい病を抱えた母親と暮らす主人公の苦しみと思春期特有の不安を見事に描き出した本作はスペイン年間映画興収No.1という大ヒットを記録したダークファンタジーの傑作だ。

“ダークファンタジー”と聞くと怖くて不気味なイメージでちょっと尻込みする方もいるのでは…? そこで今回は、中毒性がたっぷり、怖いだけではない思わず涙をこぼしてしまう感動系ダークファンタジーをご紹介! 怪物、魔法動物、人造人間、奇妙なこどもたち…など、さまざまな不思議な生き物との出会いを楽しんでみては…?

『ハリー・ポッター』シリーズ(2001~2011)

イギリスの作家J・K・ローリングによる、人気ファンタジー小説の映画化!物語が進むにつれ、徐々にダークファンタジーと化していった壮大なストーリーに、子供から大人まで世界中が夢中になった大ヒットシリーズ。

両親の死後、親戚の家に預けられたハリー・ポッター少年。そこでは階段下の物置部屋をあてがわれ、何かとこき使われる毎日。そんなある日、ハリーの11歳の誕生日に一通の手紙が届いた。中身はなんと、魔法魔術学校の入学許可証だった。実は、ハリーの両親は優秀な魔法使いだったのだ。手紙に導かれるままホグワーツ魔法魔術学校にたどり着いたハリーは、さっそく魔法使いになるための勉強を始める。ロンとハーマイオニーという友達もでき、楽しい毎日を送るハリーだったが、やがて学校に隠された驚くべき秘密に気づくのだった…。

⇒作品紹介・レビューを見る

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(2016)

J・K・ローリング自ら映画用にオリジナル脚本を書き下ろした、「ハリー・ポッター」のスピンオフ前日譚新シリーズ第一作目。前シリーズと同じ魔法世界を舞台に、新たな戦いの幕が上がる。

おっちょこちょいの魔法動物学者ニュート・スキャマンダー。魔法動物をこよなく愛する彼は、世界中を旅して魔法動物たちを集めていた。彼の不思議なトランクには、そんな魔法動物たちがいっぱい詰まっていた。ある日、ニューヨークへやって来たニュートだったが、ひょんなことからトランクが人間のものとすり替わってしまう。そして中にいた魔法動物たちが人間界に逃げ出し、ニューヨーク中が大パニックになってしまうが…。

⇒作品紹介・レビューを見る

『パンズ・ラビリンス』(2006)

『パンズ・ラビリンス』(2006)

好評レンタル&発売中

ダークファンタジー映画といえばこれ!『パシフィックリム』ギレルモ・デル・トロ監督の代表作、スペイン内戦を背景に描く哀切のダークファンタジー。アカデミー賞3部門受賞をはじめ、数々の映画賞を席巻した珠玉の名作。

再婚した母に連れられ、山中でレジスタンス掃討の指揮をとる冷酷な義父のもとへとやって来た空想好きの少女は、やがて残酷な現実世界から逃避し森の中の不思議な迷宮へと迷い込む。そこで出会う恐ろしい姿をした怪物たちと過ごすうちに少女の内なる心が明るみなっていくのだが…。

⇒作品紹介・レビューを見る

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

鬼才ティム・バートン史上、最も奇妙!ランサム・リグズのベストセラー小説「ハヤブサが守る家」を映画化したダーク・ファンタジー・アドベンチャー。

孤独な高校生ジェイクは、唯一の理解者である祖父の語る荒唐無稽な冒険譚を聞くのが大好きだった。ある日、その祖父が謎めいた死を遂げる。やがてジェイクは祖父が最期に遺したメッセージに導かれ、とある小さな島へとやって来る。そして不思議な世界に迷い込み、美しい屋敷の女主人ミス・ペレグリンと、そこに暮らす奇妙な子どもたちに巡り会うのだったが…。

⇒作品紹介・レビューを見る

『永遠のこどもたち』(2007)

『永遠のこどもたち』(2007)

好評レンタル&発売中

本作(『怪物はささやく』)を手掛けたJ.A.バヨナ監督の長編映画デビュー作。スペインのアカデミー賞といわれるゴヤ賞で、史上初の14部門ノミネートに輝いた話題作。衝撃のラストでは誰もが涙を誘われる。

海辺に建つ古い孤児院。30年前、ここで少女時代を過ごしたラウラは、今は閉鎖されていた孤児院を買取り、夫と息子シモンと共に移り住む。彼女はここを障害を持つ子どもたちのための施設として再建しようと準備を進めていた。そんな中、シモンが想像上の友だちを相手に楽しげに遊ぶようになり、かすかな不安を感じるラウラだったが…。

⇒作品紹介・レビューを見る


映画『怪物はささやく』
6月9日(金)、TOHO シネマズ みゆき座他にて全国公開

監督:J.A.バヨナ『永遠のこどもたち』『インポッシブル』
原作・脚本:パトリック・ネス『怪物はささやく』(あすなろ書房刊)
出演:ルイス・マクドゥーガル『PAN ~ネバーランド、夢のはじまり~』、フェリシティ・ジョーンズ『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』、シガニー・ウィーバー『エイリアン』シリーズ、リーアム・ニーソン(as 怪物)『沈黙 -サイレンス-』
原題:A Monster Calls/アメリカ・スペイン/109 分/カラー/シネスコ/5.1ch デジタル/字幕翻訳:藤澤睦実/配給:ギャガ

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2

出演者 ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン  ヘレナ・ボナム・カーター  ロビー・コルトレーン  レイフ・ファインズ  マイケル・ガンボン  ワーウィック・デイビス  ジェイソン・アイザックス  ジョン・ハート
監督 デヴィッド・イェーツ
製作総指揮 ライオネル・ウィグラム
脚本 スティーヴ・クローヴス
原作者 J・K・ローリング
音楽 アレクサンドル・デプレ
概要 2001年にスタートしたJ・K・ローリング原作の大ヒット・ファンタジー・シリーズ第7作の後編にしてシリーズ完結編。魔法学校ホグワーツさえも戦場と化す中、ついに迎える闇の帝王ヴォルデモートとハリー・ポッターの一騎打ちの行方を壮大なスケールで描き出す。監督は第5作「不死鳥の騎士団」以降のすべてを担当したデヴィッド・イェーツ。ヴォルデモートを滅ぼすべく“分霊箱”を破壊するための旅に出たハリー、ロン、ハーマイオニー。数々の困難に直面し、またヴォルデモートが放つ死喰い人の追撃に苦しめられながらも一つひとつ分霊箱を破壊し、残る分霊箱の発見に奔走していた。しかしそこには、さらなる危機と驚愕の真実がハリーを待ち受けていた。

 作品詳細・レビューを見る 

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

出演者 エディ・レッドメイン  キャサリン・ウォーターストーン  ダン・フォグラー  アリソン・スドル  エズラ・ミラー  サマンサ・モートン  ジョン・ヴォイト  カルメン・イジョゴ  コリン・ファレル  ロン・パールマン
監督 デヴィッド・イェーツ
製作総指揮 ティム・ルイス  ニール・ブレア  リック・セナト
脚本 J・K・ローリング
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
概要 「ハリー・ポッター」シリーズのJ・K・ローリングが、同シリーズの魔法世界を舞台に贈る新シリーズ。J・K・ローリング自ら映画用に書き下ろしたオリジナル脚本を、「ハリー・ポッター」シリーズの後半4作品を手がけたデヴィッド・イェーツ監督が映画化。主演は「博士と彼女のセオリー」のエディ・レッドメイン。おっちょこちょいの魔法動物学者ニュート・スキャマンダー。魔法動物をこよなく愛する彼は、世界中を旅して魔法動物たちを集めていた。彼の不思議なトランクには、そんな魔法動物たちがいっぱい詰まっていた。ある日、ニューヨークへやって来たニュートだったが、ひょんなことからトランクが人間のものとすり替わってしまう。そして中にいた魔法動物たちが人間界に逃げ出し、ニューヨーク中が大パニックになってしまうが…。

 作品詳細・レビューを見る 

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

出演者 エヴァ・グリーン  エイサ・バターフィールド  クリス・オダウド  アリソン・ジャネイ  ルパート・エヴェレット  テレンス・スタンプ  エラ・パーネル  フィンレー・マクミラン  ローレン・マクロスティ  ラフィエラ・チャップマン
監督 ティム・バートン
製作総指揮 デレク・フライ  カッテルリ・フラウエンフェルダー  ナイジェル・ゴストゥロウ  イヴァナ・ロンバルディ
脚本 ジェーン・ゴールドマン
原作者 ランサム・リグズ
音楽 マイク・ハイアム  マシュー・マージェソン
概要 ティム・バートン監督がランサム・リグズのベストセラー『ハヤブサが守る家』を映画化したダーク・ファンタジー・アドベンチャー。亡くなった祖父の遺言に導かれ、ハヤブサに変身できる女主人と奇妙な子どもたちが暮らす屋敷へと辿り着いた少年が経験する不気味で摩訶不思議な冒険を描く。主演はエイサ・バターフィールド、共演にエヴァ・グリーン。孤独な高校生ジェイクは、唯一の理解者である祖父の語る荒唐無稽な冒険譚を聞くのが大好きだった。ある日、その祖父が謎めいた死を遂げる。やがてジェイクは祖父が最期に遺したメッセージに導かれ、とある小さな島へとやって来る。そして不思議な世界に迷い込み、美しい屋敷の女主人ミス・ペレグリンと、そこに暮らす奇妙な子どもたちに巡り会うのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST