宮崎美子、青柳翔に思わず「もうちょっと面白みがあっても良いかなって(笑)」―映画『たたら侍』初日舞台挨拶

たたら侍初日舞台挨拶

(上段左から)錦織良成監督、早乙女太一、でんでん、甲本雅裕、笹野高史、佐野史郎、EXILE HIRO
(下段左から)津川雅彦、小林直己、石井杏奈、青柳翔、田畑智子、AKIRA、宮崎美子

劇団EXILE・青柳翔主演の映画『たたら侍』が公開を迎え、初日舞台挨拶が開催。主演の青柳ほか、AKIRA小林直己田畑智子石井杏奈甲本雅裕宮崎美子でんでん笹野高史津川雅彦早乙女太一佐野史郎錦織良成監督、エグゼクティヴ・プロデューサーのEXILE HIROが登壇した。

>写真をもっと見る

HIROが「たたら侍は時代劇だけど、僕らに通ずるものがたくさんあると思う。伍介の成長を見ながら、本当の強さは何か?と感じていただければ」と挨拶したのに続き、津川がこの映画のスケール感の話に言及。「僕はこれまで、予算が50億円の『天と地と』(角川映画)に出たことがあるけど、それに次ぐスケールじゃないかと。HIROさんや監督lに聞いてもなかなかはっきりした数字を教えてくれなかったけれども、僕はそれくらいの感覚だった。絵が綺麗だったり、上手い役者も沢山出ている。でも、お金を使っている、という中でもやっぱりコンビニを差し入れてくれたこのスケール感ね、やっぱり50億の映画ですね」と褒めちぎった。

さらにこのコンビニ差し入れの件には笹野も「あまりの凄さに。これ、差し入れなの? と。自分の出番が終わってからは、私は魂をコンビニに置き忘れていましたね(笑)」とそのスケール感には共感せざるを得なかったようだ。

また、伍介の母親役を演じた宮崎美子からは青柳について「青柳君を見ていても本当に生真面目で、映画を背負っている緊張感もあって…」と振り返りつつも「でももうちょっと面白みがあっても良いかなっていう(笑)」と思わぬ注文まで飛び出し、青柳ら出演者や会場の笑いを誘っていた。

本作の公開を迎え、青柳は改めて「スタッフの皆様、大先輩方、沢山の方のご協力の中、無事初日を迎えられたこと嬉しく思います」と感謝の意を述べ、外外での評価についても「海外の方は反応がストレートなので、その中で評価していただけたのは素直に嬉しかった。日本の良さ、美しさ、伝統などを受け入れてくれた気がして嬉しかった」と振り返った。

HIROも改めて「素晴らしいスタッフ・キャストの皆さんに支えられて最高の映画ができたと思う。『たたら侍』が世界で評価されたことも嬉しいですし、本物をどうやって表現するか、という強い思いで(映画作りに)動き出したことが今につながっているんだなと。日本の心を感じていただければ」とコメント。錦織監督も「本物を作れば若い人でも分かってくれるというHIROさんの力強い言葉もありました。『たたら侍』が多くの世代の方に届けばこんなに嬉しいことはありません。皆さんに愛でていただければ」と思いを伝えていた。

『たたら侍』は、戦国時代中世の奥出雲の村を舞台に、伝統を継承し守ることを宿命付けられた青年が、葛藤や挫折を通じて真の「侍」へと成長していく姿を描いた本格時代劇映画。


映画『たたら侍』
公開中

【監督 脚本】錦織良成
【エグゼクティヴ・プロデューサー】EXILE HIRO
【出演】青柳翔、小林直己、田畑智子、石井杏奈、
高橋長英、甲本雅裕、宮崎美子、品川徹、でんでん、氏家恵、橋爪遼、安部康二郎、
菅田俊、音尾琢真、早乙女太一、中村嘉葎雄、佐野史郎、豊原功補、山本圭、笹野高史、
AKIRA/ 奈良岡朋子 / 津川雅彦
【配給】LDH PICTURES

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

青柳翔

生年月日1985年4月12日(33歳)
星座おひつじ座
出生地北海道

青柳翔の関連作品一覧

AKIRA

生年月日1977年7月4日(41歳)
星座かに座
出生地石川県

AKIRAの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST