【第3弾予告】シリーズ最新作『スパイダーマン:ホームカミング』自撮りで「シビル・ウォー」を実況!?

『スパイダーマン:ホームカミング』

『スパイダーマン:ホームカミング』最新ポスターも解禁!/(C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.

スパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』が8月11日(祝・金)に日本公開!このたび、新スパイダーマン初登場に隠された衝撃映像が入った新予告映像≪第3弾≫が解禁となった!

15歳、新人ヒーローの“軽すぎるノリ”が大爆発!

今回、解禁となった最新予告映像でまさかの事実が明らかになった!?

新スパイダーマンがヒーローデビューを果たした『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』。人類の平和を守るはずの最強チーム、アベンジャーズは<チーム・キャプテン・アメリカ>と<チーム・アイアンマン>に二分され、禁断の戦いへと発展していた。空港で両軍が対峙する最中、物陰に隠れて両軍の危機迫る様子を撮影する者がいた。スパイダーマンだ。興奮を抑えられない様子で「キャプテン・アメリカだ! アイアンマンもいる! あれは誰だ?」と実況をする姿はヒーローというよりも15歳のやんちゃな少年そのもの。そんな中、憧れの師とも言うべきアイアンマンから「新人!」とコールされ慌てる様子も自撮り! さらに両軍の激しい戦いの最中、キャプテン・アメリカとの激闘を自撮りで語ろうとするも、巨大化したアントマンによって自軍のウォーマシンが捉えられ戦いに戻っていくスパイダーマンの姿も収められている。

これまで明かされていなかったスパイダーマン視点でのシビル・ウォーの様子が前代未聞の<自撮り&実況>という形で明らかとなっている。戦いを終えても興奮冷めやらぬ様子で当時の状況をやっぱり自撮りで語るピーター・パーカーに、トニー・スターク(=アイアンマン)の運転手であるハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)が訪問。ピーターのハイテンションぶりを注意するハッピー・ホーガンとの関係性も楽しみだ。

さらに予告には、マイケル・キートン演じる敵バルチャーの最新映像も収められている。男はあることがきっかけでアイアンマンらに恨みを持ち、「復讐してやる」と誓う。アベンジャーズにより多くの命が救われた一方で、人生を変えられた男は「世界は変わった、我々も変わる」と謎の羽のついた飛行装置を身に纏い、NYの空を飛ぶ回るバルチャーとして復讐の鬼と化す。そんな強敵の出現にピーターは憧れのスタークに認められるヒーローになるチャンスとばかりに、襲われたフェリーを救おうとするが一点大ピンチに!結局、アイアンマンに助けられることに…。「調子に乗るな。責任を取れるのか?失望したよ」とアイアンマンにヒーロー失格の烙印を押されてしまい、理想と現実のギャップに悩む姿はまさに思春期の少年そのもの。一方で計画を邪魔され、新たな計画を企てるバルチャーはスパイダーマンにも怒りの矛先を向ける。そんなバルチャーの野望をスパイダーマンは阻止することができるのか…。


映画『スパイダーマン:ホームカミング』
8月11日全国公開

全米公開:2017年7月7日
監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』
キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニー・Jr(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アベンジャーズ』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタラン

フォトギャラリー

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

出演者 クリス・エヴァンス  ロバート・ダウニー・Jr  スカーレット・ヨハンソン  セバスチャン・スタン  アンソニー・マッキー  ドン・チードル  ジェレミー・レナー  チャドウィック・ボーズマン  ポール・ベタニー  エリザベス・オルセン
監督 アンソニーANDジョー・ルッソ
製作総指揮 ルイス・デスポジート  ヴィクトリア・アロンソ  パトリシア・ウィッチャー  ネイト・ムーア  スタン・リー
脚本 クリストファー・マルクス  スティーヴン・マクフィーリー
音楽 ヘンリー・ジャックマン
概要 マーベル原作の大ヒット・シリーズ「キャプテン・アメリカ」の第3弾にして“アベンジャーズ”の豪華再結集で贈るヒーロー・アクション超大作。最強チーム“アベンジャーズ”が意見の対立から2つに分裂、それぞれが信じる正義を胸に敵・味方に別れて壮絶な戦いを繰り広げるさまを描く。監督は前作「ウィンター・ソルジャー」に引き続きアンソニー・ルッソ&ジョー・ルッソ。数々の危機を救ってきた“アベンジャーズ”だが、彼らを国連の監視下に置くことが議論され、その対応を巡ってアイアンマンとキャプテン・アメリカは激しく対立してしまう。そんな中、ウィーンで新たなテロ事件が発生し、キャプテン・アメリカの旧友バッキーが容疑者として指名手配される事態となり、重い決断を迫られるキャプテン・アメリカだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

アイアンマン

アイアンマン

出演者 ロバート・ダウニー・Jr  ジェフ・ブリッジズ  テレンス・ハワード  グウィネス・パルトロー  ショーン・トーブ  レスリー・ビブ  ファラン・タヒール  サイード・バッドレヤ  ビル・スミトロヴィッチ  クラーク・グレッグ
監督 ジョン・ファブロー
製作総指揮 ジョン・ファブロー  ルイス・デスポジート  ピーター・ビリングスリー  アリ・アラッド  スタン・リー  デヴィッド・メイゼル
脚本 マーク・ファーガス  ホーク・オストビー  アート・マーカム  マット・ハロウェイ
音楽 ラミン・ジャヴァディ
概要 演技派ロバート・ダウニー・Jrを主演にマーベル・コミックの人気キャラクターを実写映画化した痛快SFアクション。軍需産業の経営者で発明家でもある主人公が、自社兵器の悪用を食い止めるため自ら開発したハイテクの鉄鎧を身に纏い、凶悪一味に立ち向かう。巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長で、発明家としての顔も持つトニー・スターク。彼はある日、アフガニスタンで自社新型兵器のデモ実験を成功させるが、テロリスト集団の襲撃に遭い、胸に深い傷を負ったまま囚われの身となってしまう。しかし、彼は一味の目を盗んで飛行可能なパワードスーツを開発、それを装着して脱出し、生還を果たすが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

クリス・エヴァンス

生年月日1981年6月13日(37歳)
星座ふたご座
出生地米・マサチューセッツ・サドベリー

クリス・エヴァンスの関連作品一覧

トビー・マグワイア

生年月日1975年6月27日(43歳)
星座かに座
出生地米・カリフォルニア・サンタモニカ

トビー・マグワイアの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST