【レポート】「三鷹の森ジブリ美術館」の新企画展示は“食”がテーマ!「食べるを描く。」5月27日から

三鷹の森ジブリ美術館「食べるを描く。」

三鷹の森ジブリ美術館「食べるを描く。」

スタジオジブリのアニメーション世界を体験できる「三鷹の森ジブリ美術館」にて5月26日、ジブリ作品が描く数々の“食事シーン”を取り上げた新企画展示「食べるを描く。」のプレス向け内覧会が行われた。同展は明日27日より始まり、2018年5月まで開催される予定だ。

>【フォトギャラリー】展示の様子をもっとみる

独創的でファンタジックな世界観が魅力のジブリ作品だが、その根底には日常生活を丁寧に描き上げるポリシーがあり、実際、食事にまつわる名シーンは数多い。

『天空の城ラピュタ』でパズーとシータが一緒に食べる目玉焼きトースト、『千と千尋の神隠し』の千尋がハクにもらい、泣きながら食べたおにぎり、『ハウルの動く城』でハウルが手作りし、ソフィーやマルクルたちと食べたベーコンエッグなど、思い出すだけで笑みがこぼれる食事の数々は、セリフで語らずとも、それを口にする登場人物たちの幸福、そして食事を共にしたことで育まれる絆や勇気を伝える、重要な“キャラクター”だ。

箸の使い方

「箸使いを描くのは難しい」

新企画展示「食べるを描く。」では、食べ物を本物以上においしそうに見せる工夫やこだわり、食べる人の表情や仕草を細やかに描き出す作画や、食事シーンに込められた演出上の意図や効果を紹介する。

レトロな洋風レストラン風に設けられた第一室では、各作品の食のシーンを取り上げ、わずか数秒間のために描かれた原画や絵コンテを展示し、かみ切る動作や箸さばきなど、食べる動きをアニメーションで描く工夫や意図を紹介。また、隣接する第二室では、食事を“作る”シーンを取り上げ、『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所、『天空の城ラピュタ』のタイガーモス号のキッチンを実物大で再現。来場者はサツキやシータが調理をこなした空間を体感できる。

タイガーモス号のキッチンも完全再現

タイガーモス号のキッチンも完全再現

内覧会を前に、企画・監修を手がけた宮崎吾朗氏は、「宮崎駿作品のご飯がおいしそうに見えるのは、アニメーション技術そのもので、要はおいしそうに“見せている”と知ってもらおうと考えた」と企画意図を説明。「作画はもちろん、(登場人物に)どんな文脈で、どう食べさせるか。すべての要素が合わさって、おいしそうに見えるんです」と食事シーンを支える、ジブリならではのアニメーション技法を語った。

おいしそうに“見せている”原画の秘密も公開

おいしそうに“見せている”原画の秘密も公開

また、「宮崎駿は家では、必ずベーコンエッグを作る」と明かし、「ゆで卵やオムレツは、調理の仕方など好き嫌いも分かれますし、白と黄色の配色はすごく際立つ」と『ハウルの動く城』にベーコンエッグが登場する理由を語っていた。

現在、新作長編アニメーション映画制作のためのスタッフ(新人)募集を開始した宮崎駿監督の“引退撤回”が話題になっているが、館長の中島清文氏は「皆さん、宮崎駿監督の新作について何か聞いて帰りたいと思ってらっしゃるかもしれませんが、何も情報がございません(笑)、あらかじめご了承ください」と状況を説明していた。

「三鷹の森ジブリ美術館」の入場チケットはすべて日時指定の事前予約制で、5月25日より7月分、6月25日より8月分の夏休みシーズンチケットの “先行抽選販売”を実施。また、7月入場分より全チケットに購入者の名前を印字され、入場時にチケット購入者の本人確認を行う場合がある。

中島清文館長と宮崎五郎氏

中島清文館長と宮崎吾朗氏

>【フォトギャラリー】写真をもっとみる

新企画展示「食べるを描く。」
5月27日~2018年5月(予定)三鷹の森ジブリ美術館にて開催。
(C)Studio Ghibli (C)Museo d'Arte Ghibli

(取材・文:内田涼)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

宮崎吾朗

生年月日1967年1月21日(51歳)
星座みずがめ座
出生地東京都生まれ

宮崎吾朗の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST