【メイキング映像】映画『花戦さ』野村萬斎の演技すら変えた“花の力”とは?

(C)2017「花戦さ」製作委員会

(C)2017「花戦さ」製作委員会

野村萬斎市川猿之助中井貴一佐々木蔵之介、佐藤浩市という、狂言×歌舞伎×日本映画界のトップが競演する痛快エンタテインメント映画『花戦さ』(6月3日全国公開)から、主演の萬斎が“花の力”を感じ、思わず涙を流したシーンのメイキング映像が解禁となった。

本作は、京都・頂法寺六角堂というお寺で暮らす花僧・池坊専好(萬斎)が、親友である千利休(佐藤)を豊臣秀吉(猿之助)の命令により殺害された無念を晴らすべく、命を懸け、たった一人で戦いに挑む姿を描く感動の歴史ドラマ。鬼塚忠の原作を基に、篠原哲雄がメガホンを取り、音楽は久石譲が手掛けた。

専好は、友人の利休が秀吉の逆鱗に触れ自害した後、花をいけることができなくなる。そんな姿を見た幼なじみの吉右衛門(高橋克実)の声掛けで、町衆は利休の四十九日に花を持ちより、花をいける。その花々を見て、町衆の想いを知り、心を動かされた専好の頬には、一筋の涙が伝う。まさに“花の力”を借りて、失意の底から救われたシーンだが、実は涙を流すことは決められていた演技プランにはなかった。この涙は、萬斎が花の力を感じて、演じている中で自然に流したものだったのだ。

カットがかかった直後、萬斎は「『花の力や。映画の力や。』ちゅう感じですね」と感慨深そうに話す。「花の力をいただいて、それを画面の力にするというか、自分の演技の力にするというか。そんな感じでございました。おおきに」と振り返る表情は、とても晴れやかで印象深い。

劇中では、ほかにも、「ポンッ!」という音とともに開花する蓮を見て生きる力を取り戻す天才絵師・れん(森川葵)の姿や、茶室の投げ入れに咲く一輪の朝顔などから、“花の力”を随所に感じることができる。愛する人々を守る為、そして平和な世を取り戻すため、専好は天下人・秀吉に対して一世一代の大勝負に挑むことになるが、彼が手にしたのは刃ではなく花だ。果たして専好は、“花の力”でどのように秀吉をギャフンと言わせるのか?公開に向けて、期待が高まる。


映画『花戦さ』
6月3日(土)全国公開

【出演】 野村萬斎(池坊専好)市川猿之助(豊臣秀吉)中井貴一(織田信長)佐々木蔵之介(前田利家)佐藤浩市(千利休) 高橋克実(吉右衛門)山内圭哉(池坊専伯)和田正人(池坊専武) 森川葵(れん)吉田栄作(石田三成) 竹下景子(浄椿尼)

【脚本】森下佳子
【音楽】久石 譲
【監督】篠原哲雄
【原作】鬼塚 忠『花戦さ』/角川文庫刊
【配給】東映

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

中井貴一

生年月日1961年9月18日(56歳)
星座おとめ座
出生地東京都

中井貴一の関連作品一覧

佐々木蔵之介

生年月日1968年2月4日(50歳)
星座みずがめ座
出生地京都府

佐々木蔵之介の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST