高さ13Mのスター・ウォーズ山笠が爆走!福岡・博多祇園山笠とのコラボが決定!

スター・ウォーズ山笠

スター・ウォーズ山笠/(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

シリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、12月15日(金)に公開。このたび、日本三大祇園祭のひとつ「博多祇園山笠」にて、「スター・ウォーズ」のキャラクターが飾られた<スター・ウォーズ山笠>の制作が決定! デザイン画(写真:トップ)も解禁となった。

博多祇園山笠は、7月1日~7月15日の開催期間中300 万人、特に最終日7月15日に行われるクライマックスの<追い山>では舁き手と呼ばれる総勢1万人近くの参加者が、8つの山笠をそれぞれの舁き手が交代しながら担ぎ、夜明けの博多の街を駆け抜ける熱い祭りだ。

今回「スター・ウォーズ」キャラクターが飾られるのは、“走る飾り山笠”とも言われる「八番山笠 上川端通」。高さ13メートル(予定)、重さ2トンという実際に走る山笠では最大のものとなる。発表された<スター・ウォーズ山笠>は、ルーカスフィルムが監修、お馴染みのC-3PO とR2-D2 やキュートな姿で大人気のBB-8 らドロイドはもちろん、ダークサイドを思わせる真っ赤な炎の中のカイロ・レン、そして前作で“フォース”を覚醒させたヒロイン レイが青い波を背景にカイロ・レンに挑む様な姿が描かれた迫力のデザインだ。

今回の<スター・ウォーズ山笠>の登場にあたり、博多祇園山笠 八番山笠 上川端通 本年の代表にあたる総務の帆足直之氏は「ユネスコ無形文化遺産登録後、初めての博多祇園山笠行事を迎えますので、世界に発信する山笠と位置付け、“スター・ウォーズ”を題材に選びました。巨大な“走る飾り山笠”を博多で実際にご覧ください」とコメント。 また、制作にあたる人形師の田中勇氏は「昨年ユネスコ無形文化遺産に登録された博多祇園山笠に、世界的な人気を誇る『スター・ウォーズ』の博多人形を制作させていただけることとなり、大変光栄であるとともに大きな重圧も感じております。日本のみならず世界中の皆様に喜んでいただける作品にできるよう、現在鋭意制作中です。」とアピールした。

「八番山笠 上川端通」では洋画を題材にした山笠の制作は史上初の試みという<スター・ウォーズ山笠>は、7月1日(土)~7月14日(日)まで上川端商店街(福岡市博多区)に飾られ、同12 日(水)の<追い山馴らし>、同15日(土)の<追い山>で、初夏の博多の街を駆け巡る事になる。


『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金) 全国公開

フォトギャラリー

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

出演者 ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー  アダム・ドライヴァー  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  ルピタ・ニョンゴ  アンディ・サーキス  ドーナル・グリーソン  グウェンドリン・クリスティー
監督 J・J・エイブラムス
製作総指揮 トミー・ハーパー  ジェイソン・マクガトリン
脚本 ローレンス・カスダン  J・J・エイブラムス  マイケル・アーント
音楽 ウィリアムズ(ジョン)
概要 映画史に燦然と輝くSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズが、監督に「スター・トレック」のJ・J・エイブラムスを迎え、新たなる3部作の幕開けとして贈る全世界待望のSF超大作。「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」からおよそ30年後を舞台に、家族を待ち続ける孤独な女性レイと、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィンとの出会いが導く壮大な冒険の始まりを描く。出演はヒロインのレイ役に新人デイジー・リドリー、フィン役に「アタック・ザ・ブロック」のジョン・ボイエガ。そのほかアダム・ドライバー、オスカー・アイザックら新参加組に加え、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーはじめ旧シリーズの伝説的キャラクターを演じたキャストたちも豪華に再登場。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ハリソン・フォード

生年月日1942年7月13日(76歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ

ハリソン・フォードの関連作品一覧

キャリー・フィッシャー

生年月日1956年10月21日(60歳)
星座てんびん座
出生地ロサンゼルス

キャリー・フィッシャーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST