『トランスフォーマー/最後の騎士王』日本版予告映像が到着! マイケル・ベイも「スゴイ!」と絶賛

(C)2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved

(C)2016 Industrial Light & Magic, a division of Lucasfilm Entertainment Company Ltd., All Rights Reserved

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』から、日本版予告映像が到着。“ハリウッドの破壊王”の異名を取るマイケル・ベイ監督が「この予告は凄い!早く全世界の人々に見てもらうべきだ!」と語るほど気に入り、全世界での解禁(6月7日16時)に先駆け、いち早く日本でのみ解禁された予告は必見だ。

トランスフォーマーの”創造主”が出現し、地球史と人類の命運を揺るがす、想像をはるかに超えたミステリーが展開する本作では、オプティマス・プライムVSバンブルビーによる衝撃の決戦、人類の命運を揺るがすトランスフォーマーたちの“創造主“の出現など、ファンにはたまらない見どころが次々と描かれる。

解禁された予告は、ナチスの旗が掲げられた建物に近づく1台の車がトランスフォームし、リボルバーをぶっ放す驚愕の戦闘シーンからスタート。「あなたは選ばれた。ご同行願う」とケイド(マーク・ウォールバーグ)を誘うのは、バートン卿(アンソニー・ホプキンス)の側近と思しきコグマンだ。自身の何倍も大きいトランスフォーマーを、右腕1本で軽くいなしてしまうコグマンの姿を見たケイドは、「(お前は)ヤバいニンジャ執事か?」とびっくり。

映像の後半では、トランスフォーマー同士の戦いが想像を遥かに超える規模で繰り広げられる。「我々の星を救うため全ての人間を滅ぼす」と恐怖の宣言とともに地球に帰還したダーク・オプティマスも、ケイドの制止を聞かず、バンブルビーと壮絶な死闘を展開。さらに、空中で軽い身のこなしを見せるトランスフォーマーや、三つ首に変形するダイナボットも登場するなど、予告は圧倒的な映像表現で見る者を魅了する。

メガホンを取ったベイ監督が、「本当にこれが最後になってしまうかもしれない...その想いから思い切りやり遂げました。最終章であり、新たな始まりです」と並々ならぬ想いを語っている本作。その公開に向けて、期待は高まるばかりだ。


映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』
8月4日より日本公開

監督:マイケル・ベイ
脚本:マット・ハロウェイ、アート・マーカム、ケン・ノーラン
出演:マーク・ウォールバーグ、ローラ・ハドック、ジョシュ・デュアメル、タイリース・ギブソン、ジョン・タトゥーロ、スタンリー・トゥッチ、アンソニー・ホプキンス
配給:東和ピクチャーズ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マイケル・ベイ

生年月日1965年2月17日(53歳)
星座みずがめ座
出生地ロサンゼルス

マイケル・ベイの関連作品一覧

マーク・ウォールバーグ

生年月日1971年6月5日(47歳)
星座ふたご座
出生地米・マサチューセッツ

マーク・ウォールバーグの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST