異論は認める。生き様やセリフで男が痺れるカッコいいおすすめ映画5選-TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

何かと映画からインスパイアされることは多くあると思いますが、そんな中でも男であれば思わず使ってしまいたくなるような痺れるセリフや、生き様を描いた映画を、元SHIBUYA TSUTAYAの映像担当者が独断と偏見で無責任リコメンド!

この一度にかけてみないか

  ブレイブハート

ブレイブハート

好評レンタル&発売中

家族を皆殺しにされ、故郷を離れ成長した主人公ウォレスは、イングランドへの怨念と復讐に燃え反抗軍を組織。愛国心に溢れ、現状打破を求めるスコットランドの民衆は、彼のカリスマ性と指導力にひかれ続々と集まってくる……

【痺れるPoint】

メル・ギブソンがスコットランドの実在の英雄を描きアカデミー5部門を受賞した壮大な史劇ドラマ。このセリフは大きな戦の前、主人公が怖気づく味方を鼓舞するために投げかけた言葉です。「死ぬかもしれないが、大事なものの為に命を賭けよう」と見ているこちらも鼓舞されます。

作品詳細・レビューを見る

なら心配することもないな。

  マイアミバイス

マイアミバイス

好評レンタル&発売中

ある日、合衆国司法機関が行なっていた合同捜査の極秘情報がドラッグ密輸コネクションに漏洩、捜査関係者が危険に晒されている事実が判明する。事態打開のため、マイアミ警察の特捜課で働く2人の潜入捜査官、クロケットとタブスに危険な特別任務が命じられる。

【痺れるPoint】

犯罪組織が巣くう街マイアミで危険な潜入捜査に当たる2人の刑事の奮闘を描きます。このセリフは潜入先の麻薬組織側のヒロインと恋に落ちた潜入捜査官の主人公が、「私達の関係は最悪だわ。未来もないし…」に返したセリフです。「未来がないなら、悩む事もない」と言い切ってしまうところに男の艶っぽさがあってシビレます。

作品詳細・レビューを見る

やるか、やらないか、だ。 やってみるなんていうのはない。

スター・ウォーズ エピソードV/帝国の逆襲

デス・スター壊滅の痛手から復活した帝国軍の前に、今や機会をうかがうしかない反乱軍。総攻撃を前に脱出したレイアやハン・ソロたちは雲の惑星ベスピンへと旅立つが、ひとりルークはフォースの訓練を積むために伝説の<ジェダイ・マスター>ヨーダの住む惑星ダゴバへと向かった。

【痺れるPoint】

誰もが知る、昨年から新シリーズも公開されたスターウォーズの公開2作目です。ジェダイマスターのヨーダから訓練を受ける主人公ルークが、特訓の最中に「TRY」と言ったのに対して返したセリフです。「出来るか分からないけど…」という中途半端な気持ちでやるな、という厳しい教えに思わず「師匠!」と返したくなります。

作品詳細・レビューを見る

苦痛が無ければ、犠牲がなければ何も得られない。

  ファイト・クラブ

ファイト・クラブ

好評レンタル&発売中

空虚な生活を送るヤング・エグゼクティブのジャックは、謎の男テイラーに導かれるまま、謎の秘密組織「ファイト・クラブ」のメンバーになる。そこは鍛え抜かれた男達が己の拳のみを武器に闘いを繰り広げる、壮絶で危険な空間だった。

【痺れるPoint】

圧倒的な印象を残すデヴィッド・フィンチャー監督による暴力的ともいえる映画。ありきたりな生活の中で物質的に満たされても、精神的に満たされない葛藤を派手な暴力で満たしていく中でのセリフです。自分自身が「生きている」実感を得る為には自己破壊も必要だと語る、セクシーでキレッキレマッチョのブラッド・ピットに男惚れします。

作品詳細・レビューを見る

ダメだ!

  コマンドー

コマンドー

好評レンタル&発売中

かつて精鋭部隊の指揮官として名を馳せた主人公は軍を退役し、愛娘と山荘での静かな生活を送っていた。そこに謎の武装集団が襲撃し、娘が連れ去られてしまう。娘の命と引き換えに某国の大統領の暗殺を依頼された主人公は隙を見て逃げ出し、単身で反撃を開始する

【痺れるPoint】

まだ若きシュワルツェネッガーが「ターミネーター」で見せた銃器アクションをさらに徹底して繰り広げる痛快作。最後に「あれは嘘だ」など名セリフのオンパレードのこの映画を持ってくると、全体がネタに思われてしまうかもしれませんが、あれやこれや質問と理由の説明をまくし立ててくるヒロインに「NO!」の一言で、有無を言わせない姿に男の生き様を感じずにはいられません。

作品詳細・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:中川一樹

エンタメ大好き人間でSHIBUYA TSUTAYA・湘南T-SITEなどの店舗を経て現在なぜか人事部に、、、TSUTAYAのコンテンツをこよなく愛すが、えり好みがヒドイので、まんべんなくしていかなきゃなと思いつつ、いまだに映画鑑賞やゲームで夜更かししちゃいます。

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

メル・ギブソン

生年月日1956年1月3日(62歳)
星座やぎ座
出生地米・ニューヨーク

メル・ギブソンの関連作品一覧

コリン・ファレル

生年月日1976年5月31日(42歳)
星座ふたご座
出生地アイルランド・ダブリン

コリン・ファレルの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST