【独占】注目の戦争映画『ハクソー・リッジ』サム・ワーシントンの特別インタビュー動画が解禁!

 

(C) Cosmos Filmed Entertainment Pty Ltd 2016

アカデミー賞(R)2部門受賞&6部門ノミネートを始め、各賞34部門受賞、102部門ノミネートされた『ハクソー・リッジ』(6月24日より、TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー)から、武器を持たずに沖縄戦の最前線に向かい、多くの命を救った主人公デズモンド・ドスと特別な関係を築く上官・グローヴァー大尉を演じたサム・ワーシントンの特別インタビュー動画が到着。メガホンを取ったメル・ギブソンのコメントも、併せて解禁された。

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズのアンドリュー・ガーフィールドが主演を務めた本作。劇中では、沖縄戦において衛生兵として仲間の命を数多く救ったデズモンド・ドスの半生が、感動的な人間模様とともに描かれる。ワーシントンの演技を「キャリア屈指の名演」と評するギブソン監督は、「グローヴァー大尉はデズモンドにきつく当たっていたが、のちに尊敬するようになる。サムはその変化をうまく演じているし、全編を通じて人物描写ができている」と演技派俳優への賛辞を惜しまない。

ワーシントン自身は、「功績のすばらしさに度肝を抜かれた。沖縄戦があれほど熾烈だったとは、今回調べてみるまで知らなかった。ドスのことを徹底的に調べて彼の功績を改めて知り、ぜひ出演したいと思った」と出演を決めた経緯を述懐。ギブソン監督も指摘している、ドスとグローヴァー大尉の関係については、「本作では命を守ることに関して2つの異なる立場が交錯している。一方(ドス)は武器を持たずに医療で命を守り、他方(グルーヴァー)は武器を持ち隣り合う仲間の命を守る。武器を持つ側は公平でないと感じて不満を持つ」と解説する。

また、「今や第2次世界大戦を描いた作品はあふれ返っている。だから新たな角度で切り取る必要がある。良心的兵役拒否者の目線で血生臭い戦争を描くのはすばらしい方法だ」と本作の魅力をアピール。さらに「テーマは信念だ。どれだけの人に反対されても諦めずに信念を貫けば何でもできる。ドスがやり遂げたようにね」と、従来の戦争映画とは一線を画すメッセージ性の強さを力説している。


映画『ハクソー・リッジ』
6月24日より日本公開

監督:メル・ギブソン
製作:ビル・メカニック
出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング、 レイチェル・グリフィス、ヴィンス・ヴォーン
原題:Hacksaw Ridge/2016年/アメリカ・オーストラリア/139分/英語、日本語/PG-12
配給:キノフィルムズ

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

サム・ワーシントン

生年月日1976年8月2日(42歳)
星座しし座
出生地豪・パース

サム・ワーシントンの関連作品一覧

メル・ギブソン

生年月日1956年1月3日(62歳)
星座やぎ座
出生地米・ニューヨーク

メル・ギブソンの関連作品一覧

アンドリュー・ガーフィールド

生年月日1983年8月20日(34歳)
星座しし座
出生地米・カリフォルニア・ロサンジェルス

アンドリュー・ガーフィールドの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST