『リベンジ・リスト』公開記念!「あなたの好きなトラボルタ作品」ベスト5が決定

(C)2016 I Am Wrath Production, Inc.

(C)2016 I Am Wrath Production, Inc.

『96時間』のブライアン・ミルズ(リーアム・二ーソン)、『アウトロー』のジャック・リーチャー(トム・クルーズ)、『ジョン・ウィック』の ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)に続いて、アクション映画界の “絶対に怒らせてはいけない男リスト”に追加されたスタンリー・ヒル (ジョン・トラボルタ)の姿を描く映画『リベンジ・リスト』。6月17日の本作公開を記念し、マスコミ向け試写会 (5月23日開催)の参加者30人を対象に、「あなたの好きなトラボルタ作品」を聞くアンケート調査が行われた。その結果は...?

映画評論家・ライター・映画関係者から一番の支持を集めたのは、今年で製作20周年、今なおアクション映画の大傑作と語り継がれる『フェイス/オフ』。かつて自分の幼い子供を殺した最大の仇であるニコラス・ケイジ扮するテロリストと、奇しくも顔を入れ替えることになったトラボルタ演じるFBI捜査官が、絶望から復活する様を描いた同作は、ジョン・ウー監督が「ハリウッドに進出して初めて自分の好きな様に撮れた」と誇ったことでも知られている記念碑的作品だ。同作以外のベスト5は、以下の通り。

1.『フェイス/オフ』(日本公開:98年)
2.『パルプ・フィクション』(日本公開:94年)
3.『サタデー・ナイト・フィーバー』(日本公開:78年)
4. 『ヘアスプレー』(日本公開:07年)
5. 『ブロークン・アロー』(日本公開:96年)

ギャングの殺し屋を演じ、カンヌ映画祭でグランプリも獲得した『パルプ・フィクション』、トラボルタの風貌やダンスが世界的社会現象にもなった『サタデー・ナイト・フィーバー』、まさかの女性役を演じた『ヘアスプレー』など、様々なジャンルの役をこなしてしまうトラボルタの凄さを改めて感じさせる作品リストは、週末に見る映画選びに役立つこと請け合いだ。


映画『リベンジ・リスト』
6月17日(土)よりシネマート新宿他 全国ロードショー

監督:チャック・ラッセル 『イレイザー』『スコーピオン・キング』
主演:ジョン・トラボルタ 『フェイス/オフ』『パルプ・フィクション』『ヘアスプレー』など
他出演:クリストファー・メローニ アマンダ・シュル サム・トラメル パトリック・セント・エスプリト レベッカ・デモーネイ
原題:I AM WRATH/2016年/アメリカ/英語/91分/カラー/シネスコ/PG12
字幕翻訳:牧野琴子
配給:ギャガ・プラス

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ブルース・ウィリス

生年月日1955年3月19日(63歳)
星座うお座
出生地

ブルース・ウィリスの関連作品一覧

ニコラス・ケイジ

生年月日1964年1月7日(54歳)
星座やぎ座
出生地米・カリフォルニア・ロングビーチ

ニコラス・ケイジの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST