【レビュー】映画『昼顔』―ドラマよりも意外な結末!許されざる二人を待ち受ける運命とは?

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

上戸彩斎藤工が許されざる不倫に溺れる女と男にふんして話題を呼んだテレビドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち』の放送終了からおよそ3年。2人の「その後」を描く映画『昼顔』が6月10日に全国公開を迎えた。この3年で世間における不倫への風当たりは非常に強くなったが、そんなご時世に製作された本作で、上戸と斎藤は再び過ちを犯す男女を熱演し、ドラマファンを驚かせる衝撃の結末を紡ぎだした。

物語の舞台は、静かな港町・三浜。不倫が原因で夫と別れ、自分を知る者がいない土地に引っ越してきた木下紗和(上戸)は、海辺のレストランで過去を忘れるようにひたむきに働き、慎ましくも平和に暮らしていた。そんなある日、かつて不倫関係にあった北野裕一郎(斎藤)が、町で蛍に関する講演を行うことを知った紗和は、迷いながらも会場に足を運んでしまう。偶然か必然か。ついに再会を果たした2人は、かつてのように逢瀬を重ねるが、彼らの関係は北野の妻・乃里子(伊藤歩)に気づかれてしまい...。

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

「またバレたのかよ!」と突っ込みたくなる読者が多いことだろうが、本作では紗和と北野は別れることをしない。なんと彼らは、今度こそ一緒になろうと、乃里子を説得していくのである。序盤の見どころは、そんな二人に対して怒りに震える乃里子を演じた伊藤の熱演だ。特に、二人の不倫が再び露見するシーンが素晴らしい。メガホンを取った西谷弘監督の演出も冴えに冴えているのだが、ここで伊藤が見せる演技は、言葉がないにもかかわらず、ドラマでは見ることができなかった圧倒的な凄みを湛えている。その恐ろしさには、思わず冷や汗をかいてしまう観客も少なくないだろう(筆者自身、思わず座席から腰が浮いた)。

ところが、本作において2人の障害となるのは乃里子ではない。ドラマ版では決してそうすることがなかった乃里子だが、劇中で彼女は紗和と北野の関係を認めていくことになるのだ。彼女は純愛を貫く紗和と北野に対して、ある種の敗北を感じ、これを受け止めることで、2人の関係を容認していくのである。これに伴い、乃里子の憎しみ・恨みといった負の感情は徐々に希薄化していくのだが、その一方で紗和は、自身が犯した不倫という罪に直接的な関係を持たない、第三者の立場にある人々から向けられる、冷たい視線と向き合うよう強いられることになる。

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

ドラマ版では、こうした「第三者による視線」が映し出されたのは、終盤の数話のみだったが、本作ではこれと向き合う紗和の姿を描写することに比重が置かれている。紗和が働くレストランのオーナーである杉崎尚人(平山浩行)、レストランの女性シェフ(黒沢あすか)など、一癖も二癖もあるわき役たちは、紗和に対してそれぞれが抱える複雑な過去によって生まれた感情をぶつけていく。ドラマ版では軽蔑が込められた「第三者による視線」が向けられるに留まっていたが、本作ではそういった視線の背景にある想いが掬い取られることにより、ドラマ版以上に重みのある人間ドラマが形成されることとなった。

ドラマの終了とほぼ時を同じくして、芸能界を中心に、世間では不倫がそれまで以上に大きなものとして取り沙汰されるようになった。ワイドショーなどでも、非道徳的な行為という認識を超えて、違法行為並みに糾弾されることがほとんどである。しかし、そこに真実の愛が生まれるることもあるのではないか?短絡的な肉体関係や「ただ寂しかったから」という理由で始まった“薄汚い恋愛”だとしても、妥協した結婚生活にはない、真実の愛が生まれることがあるのではないだろうか?紗和が北野と織りなすロマンスからは、こうした問題提起とともに、観客を力強く引き込むパワーが感じ取れる。

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

一体、それはなぜなのか?それはおそらく、2人の間に嘘がないからである。時にはぶつかり合うこともあるが、紗和と北野はそれぞれが抱えるものに対してしっかりと向き合い、ごまかして背を向けることをしない。傷つけ合うリスクを伴う場合でも、そのリスクを冒して、互いの気持ちを確かめようとする。彼らは子供のように純粋かつ不器用に、一生懸命にお互いを愛し合うのだ。そんな彼らの姿には、不倫という前提が存在するにせよ、幸せになってほしいと観客に思わせる「何か」がある。

しかしながら、ドラマ版に続いて脚本を手掛けた井上由美子は、単純に紗和と北野のメロドラマを通じてハッピーエンドを導くことをしない。井上は終幕にかけて紗和に一つの試練を与え、これが彼女にもたらす精神の変化をサスペンスフルに描いたうえで、予期せぬ人物との出会いを挿入することにより、深い悲しみと一握の希望を感じさせる、ビターな結末を導き出す。西谷監督やキャストも含め、ラストシーンに関しては最後まで議論が交わされたというが、その悲しみと驚きに満ちた幕引きは、シリーズのファンを納得させるだけの力を伴うものだった。

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

近年では、少女漫画の実写版をはじめ、高校生や大学生が織りなす爽やかな恋愛を描くラブストーリーが批評面でも興行面でも成功を収める傾向にあるが、そういった作品の中で、人間の汚い部分や弱い部分、つまり人間の隠れた本質が描かれることは皆無に等しい。しかし本作は、これを掬い取ることによって、見る者の胸を打つ、奥行と厚みのある恋愛ドラマとして成立した。ドラマ版のファンが魅了されることは言うまでもなが、「きれいなもの」にばかり目を向けてしまいがちだった映画ファンも、本作には気づかされること・考えさせられることが多いだろう。

(文:岸豊)


映画『昼顔』
2017年6月10日 全国東宝系ロードショー

キャスト:上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行 他
監督:西谷弘(映画『真夏の方程式』『任侠ヘルパー』『容疑者Xの献身』他)
脚本:井上由美子
音楽:菅野祐悟
企画・製作:フジテレビジョン
制作プロダクション:角川大映スタジオ
◆配給:東宝

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

上戸彩

生年月日1985年9月14日(32歳)
星座おとめ座
出生地東京都

上戸彩の関連作品一覧

井上由美子

生年月日1961年6月24日(57歳)
星座かに座
出生地兵庫県神戸市

井上由美子の関連作品一覧

伊藤歩

生年月日1980年4月14日(38歳)
星座おひつじ座
出生地東京都練馬区

伊藤歩の関連作品一覧

関連サイト

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST