【注目の話題作!】超絶観たい映画−今月のイチオシは『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

洋画担当者が絶対観たくなる作品を、“超絶観たい”ポイントとともにご紹介!

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

現代ドローン戦争の舞台裏が明らかに! 正義を問いかける軍事サスペンス

安全な会議室に身を置き、無人機に遠隔操作でミサイル発射を命じる。そこにどれほどの葛藤があるのか。ケニアでの対テロ作戦をロンドンや米国から指揮する英米の軍人、政治家たちの駆け引きと心の内を克明に描く。鳥型や昆虫型など最新ドローンの活躍に高揚感は否めないが、これが現代の話だから背筋が寒くなる。

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

[ココが超絶!]政治家、将校、兵士たちがぶつけ合うそれぞれの正論

自爆テロの計画拠点を発見した英米軍。だが付近には幼い少女の姿が。優先すべきはテロの掃討か小さな命か。責任を逃れたい政治家、テロリストを殺したい軍司令部、遂行役の米兵らの主張がぶつかる。

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』
『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

『アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場』

7.4 RENTAL
'15年・英、南アフリカ
監督/ギャヴィン・フッド
製作/コリン・ファース
出演/ヘレン・ミレン、アーロン・ポール、アラン・リックマン

⇒作品紹介・レビューを読む

©eOne Films (EITS) Limited

『バーフバリ 伝説誕生』

『バーフバリ 伝説誕生』

伝説の戦士が国を奪った逆賊を討つ! インド産スペクタクルアクション

本国インドで歴代最高の興行収入をたたき出し、米国でも大ヒットしたアクション巨編。赤ん坊の頃に国を追われた王子バーフバリ(プラバース)が運命に導かれて祖国に戻り、因縁の敵と戦う。インド映画らしい華やかな歌とダンスに、ハリウッド仕込みのVFXで描く合戦。2部作の前編だがこれだけでもお腹いっぱい!

『バーフバリ 伝説誕生』

[ココが超絶!]ハリウッドのスタッフが手がけた大スケールのバトルシーン

クライマックスは10万VS2万5000の大合戦。スケール感がありながら、個々の肉弾戦をキャラクターの個性を生かしダイナミックに見せる。日本公開が決定している後編はどんな映像が観られるのか!?

『バーフバリ 伝説誕生』

『バーフバリ 伝説誕生』

7.5 RENTAL
'15年・インド
監督・脚本/S・S・ラージャマウリ
出演/プラバース、ラーナー・ダッグバーティ、タマンナー、サティヤラージ

⇒作品紹介・レビューを読む

©ARKA MEDIAWORKS PROPERTY, ALL RIGHTS RESERVED.

(文:山田紗也子)

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST