【特別映像】『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』トム・クルーズがモンスターに…!?

(C)Universal Pictures

(C)Universal Pictures

ユニバーサル・ピクチャーズが新たに手掛けることを発表した“ダーク・ユニバース”の幕開けを飾る映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』。7月の日本公開が待たれる本作から、衝撃的なトム・クルーズの姿を収めた60秒特別スポットが到着した。

飛行機が墜落したにも関わらず、無傷で生き残ったニック(クルーズ)。一体、彼はなぜ生き残ったのか?ヘンリー・ジキル博士(ラッセル・クロウ)は、ファラオから裏切られ、これに対する憎悪によってモンスターとして生まれ変わり、“究極の悪”と化した“古代エジプトの王女アマネット”(ソフィア・ブテラ)に、ニックが選ばれたからだと推察する。

5000年もの永い封印から解き放たれ、人類へ復讐を目論むアマネットの恐ろしい姿、遺跡から発掘された不気味な棺、砂嵐に襲われる街、次々に襲い掛かるアンデッド、アマネットとの激しいバトルなど、迫力ある映像が続く本映像。最後には、アマネットに呼び寄せられ、瞳が4つに分裂していくニックの様子も収められている。

(C)Universal Pictures

(C)Universal Pictures

主演のクルーズは本作について「フランケンシュタイン、ドラキュラ、狼男、そしてミイラ、このジャンルの映画が大好きだった。僕を別の世界へと連れて行ってくれた。ユニバーサルのモンスター達が映画界の先駆者なんだ。古き良きモンスター達を復活させて現代のオーディエンスへ届けられるのは、この上なく幸せなことだよ。強烈で、冒険的で、最高の映画だ」と満足げにコメント。

一方、メガホンを取ったアレックス・カーツマンは「人間とモンスターの違いは、恐ろしい一線を越えるかどうかなんだ。我々か、彼らか、どっちがモンスターなのかと疑いたくなる時もある。過去から受け継がれてきたものをこの作品で守っていきたい」と語っている。果たしてニックは、アマネットの暴走を止め、世界を守ることができるのか?気になる結末は、ぜひ劇場で確かめてほしい。

(C)Universal Pictures

(C)Universal Pictures


映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の女王』
2017年7月28日(金) 全国ロードショー

監督:アレックス・カーツマン
プロデューサー:アレックス・カーツマン、クリス・モーガン、ショーン・ダニエル
エグゼクティブプロデューサー:サラ・ブラッドショウ
脚本:ジョン・スぺイツ、クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズ、ソフィア・ブテラ、アナベル・ウォーリス、ジェイク・ジョンソン、コートニー・B・ヴァンス/ラッセル・クロウ
配給:東宝東和 (C)Universal Pictures

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

トム・クルーズ

生年月日1962年7月3日(56歳)
星座かに座
出生地

トム・クルーズの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST