【独占】キャプテン・バルボッサ、ジャック・スパロウとの関係に言及!『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』

キャプテン・バルボッサ役:ジェフリー・ラッシュのコメント到着!

キャプテン・バルボッサ役:ジェフリー・ラッシュのコメント到着!/(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

シリーズ最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が7月1日(土)より日本公開。このたび、ジャック・スパロウのライバル、キャプテン・バルボッサを演じるジェフリー・ラッシュのインタビューコメントが到着した。

双方のキャラクターの“運”が変化している

バルボッサは、剣の腕が素晴らしいだけでなく、パーレイと取引に長けた頭脳派で如才の持ち主。ジャックとは、かつて船長と航海士という同じ船に乗る仲間だったが、ブラックパール号をめぐってバルボッサが裏切りをはたらき、ジャックを孤島に置き去りにした過去を持つなど、衝突が絶えず今では敵同士であり、良きライバルとして常にお互いの行動を意識する関係だ。

バルボッサを演じているオスカー俳優ジェフリー・ラッシュは本作でのジャックとバルボッサの関係について次のように語っている「ネタバレにならないよう気を付けて話すと…双方のキャラクターの運が変化しているんだ。ジャックはほとんど落ちるところまで落ちている。不運に見舞われているのさ。その一方でバルボッサは、ほとんど頂点まで上り詰めているから、そこに新たな興味深い関係性が生まれているんだよ」。

さらにジェフリーは、バルボッサが率いる海賊団について「バルボッサの船の乗組員全員が港に降り立つ日を楽しみにしていることは想像に難くないね。大量のショッピングを楽しむことになるのは明らかだからね」とジョーク交じりにコメント。頂点に上り詰めたバルボッサ海賊団は、巨万の富を築き有り余るほどの財力を誇っているようだ。落ちぶれたジャックと、贅沢の限りを尽くすバルボッサの2人は本作でどう絡んでいくのか…2人の攻防や行方に注目が集まる!


映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』
7月1日(土)全国公開

監督:ヨアヒム・ローニング/エスペン・サンドベリ
製作:ジェリー・ブラッカイマー
出演:ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、ハビエル・バルデム、ブレントン・スウェイツ、カヤ・スコデラーリオ、ジェフリー・ラッシュ他
原題:Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales
全米公開:2017年5月26日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

フォトギャラリー

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち

出演者 ジョニー・デップ  オーランド・ブルーム  キーラ・ナイトレイ  ジェフリー・ラッシュ  ジョナサン・プライス  ジャック・ダベンポート  リー・アレンバーグ  ブライ・クーパー  マッケンジー・クルック  デヴィッド・ベイリー
監督 ゴア・ヴァービンスキー
製作総指揮 ポール・ディーソン  チャド・オーマン  マイク・ステンソン
脚本 テッド・エリオット  テリー・ロッシオ  ジェイ・ウォルパート
音楽 クラウス・バデルト  ハンス・ジマー
概要 17世紀、海賊たちが大海原を荒らしまわっていた遥かなる時代。カリブ海の港町ポートロイヤル。美しい総督の娘エリザベスはかつて海上で助けた少年ウィルが身につけていた黄金のメダルを手に入れ、今も密かに保管していた。そんなある日、突然ブラックパール号に乗ったキャプテン・バルボッサ率いる冷酷な海賊たちが町に現われ、エリザベスがさらわれてしまう。海賊の目的は、彼女がその時身につけていた例のメダルだった。一方、鍛冶屋で働く逞しい若者へと成長したウィルは、幽閉されていた元ブラックパール号船長で一匹狼の海賊ジャック・スパロウと手を組み、エリザベスの救出に向かうのだが…。

 作品詳細・レビューを見る 

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

出演者 ジョニー・デップ  オーランド・ブルーム  キーラ・ナイトレイ  ビル・ナイ  ステラン・スカルスガルド  ジャック・ダベンポート  ケビン・マクナリー  ナオミ・ハリス  ジョナサン・プライス  マッケンジー・クルック
監督 ゴア・ヴァービンスキー
製作総指揮 ブルース・ヘンドリックス  エリック・マクレオド  チャド・オーマン  マイク・ステンソン
脚本 テッド・エリオット  テリー・ロッシオ
音楽 ハンス・ジマー
概要 2003年に公開され世界的に大ヒットしたアクション・アドベンチャーの続編。前作に続いてジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイが再登場。呪われた海賊バルボッサとの壮絶な闘いを乗り越え、再びブラックパール号の船長となったジャック・スパロウ。しかし最近なぜか浮かない様子。それもそのはず、彼は、海賊なら誰もが恐れる幽霊船フライング・ダッチマン号の船長デイヴィ・ジョーンズにもうじき魂を奪われようとしていたのだ。彼は13年前、ブラックパール号を手に入れるためジョーンズと“血の契約”を交わしていて、その契約の刻限が迫っていた…。

 作品詳細・レビューを見る 

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉

出演者 ジョニー・デップ  ペネロペ・クルス  ジェフリー・ラッシュ  イアン・マクシェーン  サム・クラフリン  アストリッド・ベルジュ=フリスベ  ケヴィン・R・マクナリー  キース・リチャーズ  スティーヴン・グレアム  グレッグ・エリス
監督 ロブ・マーシャル
製作総指揮 マイク・ステンソン  チャド・オーマン  ジョン・デルーカ  テッド・エリオット  テリー・ロッシオ  バリー・ウォルドマン
脚本 テッド・エリオット  テリー・ロッシオ
音楽 ハンス・ジマー
概要 ジョニー・デップが孤高の海賊、キャプテン・ジャック・スパロウを演じる大ヒット・アドベンチャー・シリーズの第4弾。永遠の生命をもたらすと言われる“生命(いのち)の泉”を巡る壮絶な争いに巻き込まれていくジャック・スパロウの運命を描く。共演にジェフリー・ラッシュ、ペネロペ・クルス、イアン・マクシェーン。監督は「シカゴ」のロブ・マーシャル。相棒ギブスを救うべくロンドンに降り立ったジャック・スパロウは、かつて愛した女海賊アンジェリカと再会する。彼女は父親である最恐の海賊“黒ひげ”のために、永遠の生命をもたらすという“生命(いのち)の泉”を目指そうとしていた。そして、ただ一人、泉の場所を知るジャックを泉探しの旅に巻き込んでいくのだが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジェフリー・ラッシュ

生年月日1951年7月6日(67歳)
星座かに座
出生地オーストラリア

ジェフリー・ラッシュの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST