【特別映像】映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』が描く、超セクシーな仮面舞踏会とは?

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS

6月23日より全国公開となる映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』から、劇中でも一際目を引く、ゴージャスの限りを尽くした、魅惑的でミステリアスな雰囲気に包まれた仮面舞踏会にフィーチャーした特別映像が解禁となった。

本作は、E・L・ジェイムズのデビュー小説を基に、巨大企業の若き起業家にしてCEOで、女性ならば誰もが憧れずにはいられない超絶イケメンのグレイ(ジェイミー・ドーナン)と、それまで恋の経験がなかった女子大生アナ(ダコタ・ジョンソン)が織りなす特異な恋愛を過激な描写で描いた映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の続編。念願だった出版社に就職し、キャリアウーマンとしての道を歩み始めているアナや、これまでの女性には持つことのなかったアナへの愛情に気づき、一人の男として再度アプローチするグレイのロマンスが、さらにドラマティックに展開していく。

劇中でグレイは、自身の親がチャリティのために主催した魅惑的なパーティーにアナを招待し、2人は刺激的なデートを楽しむことになる。まるで魔法がかかり、どこか別の世界に迷い込んだかのように色鮮やかで神秘的なムードが満ちるなか、煌びやかなドレスとタキシードをまとい、素顔を半分隠して歩く2人の姿は、息をのむほどセクシーだ。

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS

ジョンソンは、本作で最も大きく組まれたセットで行われた舞踏会の撮影に感動したようで「仮面舞踏会は作品にミステリアスな雰囲気を与えているの。すごく大規模で色がとても鮮やかだったわ」と振り返るが、それもそのはず。火吹きや曲芸師など、多くの大道芸人が会場を盛り上げ、さらに200人の客が全員ベネチアンマスクと華やかな衣装に身を包んだうえ、そのマスクひとつひとつに衣装と会うヘッドピースなどがあしらわれているように、このシーンには細かなスタッフのこだわりがたっぷり詰まっているのだ。

この見事なセットを作り上げたプロダクションデザイナーのネルソン・コ-ツは「準備に6か月かけたシーンをようやく実際に見ることができて、本当に興奮したよ。デザイナーとして、演技の助けになるようなセットを作りたいと常に思っているけど、今回は舞踏会の様子を見て、感激のあまり体内に電流が走った。嬉しかったね」と喜びのコメント。この華々しい光景には、原作者のジェイムズも大満足したようで「豪華で感覚を楽しませてくれる、素晴らしいシーンね。『私もそこにいたい』と思わせるような場所だったわ」と絶賛している。


映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』
6月23日(金)より全国公開

キャスト:ダコタ・ジョンソン/ジェイミー・ドーナン/リタ・オラ/キム・ベイシンガー/マーシャ・ゲイ・ハーデン
監督:ジェームズ・フォーリ-
脚本:ナイアル・レオナルド
原作:E・L・ジェイムズ「フィフティ・シェイズ・ダーカー」(早川書房刊)
配給:東宝東和

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST