【原点回帰】シリーズ第三弾『カーズ/クロスロード』全米No.1スタート!

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ヒットの理由は「マックィーンの選択に大人が共感できたから」

ディズニー/ピクサーの最高傑作のひとつ『カーズ』シリーズの最新作、『カーズ/クロスロード』が7月15日(土)に日本公開となるが、一足早く6月16日(金)に公開を迎えた全米では、週末3日間の暫定の数字で、約59億4,371万7,000円(53,547,000 ドル)を記録する大ヒットスタートを切り(Box Office Mojo 調べ)、ピクサーが送り出してきた18本の作品のうち、本作で16作目の“全米1位スタート”作品の仲間入りを果たした。

本作では、今まで華々しく活躍してきた天才レーサー“マックィーン”(TOP画像:右)が、最新テクノロジーを追求した新たなレーサー“ストーム”(TOP画像:左)ら新たな世代が登場するところから始まる。厳しさを増すレースのなか、マックィーンは勝ち続ける為に無謀な走りを続け人生を揺るがす衝撃的な大クラッシュをしてしまい、天才レーサーだった彼は、【夢の続きを求めて走り続けるのか、それとも新たな道を歩むのか?】という“人生の岐路”(クロスロード)に立たされる─。

数々の名作を贈りだしてきたピクサーの中でも最も衝撃的で、誰もが心打たれる本作の深いテーマには、これまでのシリーズにはなかったような“大人が感動する”という声が続出。シリーズ一作目で描かれたマックィーンとその師匠ドック・ハドソンの感動の世界観を継承する“シリーズ最高傑作”、“大人こそ観るべ
きドラマ”だと絶賛されている。

ジョン・ラセター/(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ジョン・ラセター/(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

本作の全米大ヒットスタートをお祝いするように、ピクサーの本社では、社員たちが自慢の愛車を披露する、恒例の自動車イベント“モトラマ”が開催。『カーズ』シリーズ生みの親であり本作の製作総指揮ジョン・ラセターは「本作は特に大人の心を掴みました。車のキャラクターから人間性を見出すことに成功し、それぞれのキャラクターに深くてエモーショナルなストーリーを植えつけました」と、我が子のように愛情を注ぐ本作に自信を見せる。さらに、「迫力ある車のレースシーンやリアルなドラマはより一層、作品に引き込ませます。そして何より、子供だけでなく大人も魅了したのはマックィーンが選んだ選択に皆様が共感できたからだと思います」と、本作のヒット要因と魅力についてコメントした。

あのドック・ハドソンが実車で!/(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

あのドック・ハドソンが実車で!/(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.


映画『カーズ/クロスロード』
7月15日(土) 全国公開

監督:ブライアン・フィー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST