古代の決意にプレッシャーも「ヤマトはやはり沖田艦長の艦」―『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第二章』小野大輔インタビュー

古代進役・小野大輔

古代進役・小野大輔

6月24日より、新宿ピカデリー他、全国20館にて期間限定劇場上映となる映画『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第ニ章「発進篇」。映画公開を記念し、先日の神谷浩史(キーマン役)に引き続き、物語の中心人物となる古代進を演じる小野大輔にインタビュー。前作『宇宙戦艦ヤマト2199』以上に立場や役割が大きくなった古代について、また“ヤマト”という特別な船に対する思いなどを聞いた。

──『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第二章「発進篇」がもうすぐ劇場上映されますが、現在の心境をお聞かせください。

小野:第一章「嚆矢篇」は、なぜ古代たちがヤマトに乗らなければならないかという葛藤を描いていたと思います。ですから、この第二章が本当の意味での旅立ちになります。ようやくというか、ついにヤマトが宇宙に飛び立つということで、この第一章から第二章になる時点ですでにカタルシスが生まれているわけですね。僕自身も、やっと旅立てるなという気持ちを、この第二章になって感じています。

──『宇宙戦艦ヤマト2199』の時は、地球を救うという使命がありましたが、今回は自らの意志で発進していきますね。

小野:『2199』の時は、たしかに「やらなきゃいけない」という使命感に動かされていた部分もあったと思うんです。でも今回は、あくまでも自分たちの意志で集まり、発進するという点が違いますね。もちろん、自分が大切に思っている人に呼ばれたという部分はありますが、「俺はやるんだ」というそれぞれの強い意志を感じます。

(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

──ただ古代自身も、それまでの過程でかなり悩んでいますね。得体の知れない敵の存在、そして地球の現状にも。

小野:自分の知らないところで進められていた、地球の現実の姿に対する憤りですね。『2199』では、「異星人との間でもわかりあえる」という心境に達した古代ですが、その思いは理屈ではなく、彼が肌で感じた部分だと思うんです。それだけに、同じ地球人同士なのになぜわかりあえないのか。そういうもどかしさはあったでしょうね。

──現実の社会に対する苦悩というものが描かれる。そういう意味では非常に現代的といえるかもしれないですね。

小野:福井(晴敏)さんも、今回の『2202』の脚本には、現代的な人間関係などを反映させたいとおっしゃっていました。それが如実に感じられる部分と言っていいでしょうね。今年39歳の僕や、少し上の年齢の方だとそれが痛いほど感じられるんじゃないでしょうか。ちょうど組織の中では中間管理職についているような年代ですから、その悲哀、あるいはうまくいかない社会においての自分のあり方。そういうやり場のない怒りみたいなものは古代も感じていると思います。同じような気持ちは、僕と同じ、あるいはもっと上の世代のヤマトファンなら見て共感してもらえるかもしれません。

(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

──第二章はヤマトが発進することももちろんですが、予告編を見ると、かなり緊迫した戦闘シーンもあるようですね。

小野:『2199』で登場したクルーたちが、身を呈してヤマトの発進を助けるシーンがあるのですが、あのシーンにはぐっとくるものがありました。個人的にはすごく印象的なシーンですね。あと、ヤマトが発進した後になっても戻ってくるクルーがいるシーンも印象的でした。それだけ彼らの思いも並々ならぬものがあったんだと思います。島もそうですが、彼らには「乗らない」という選択肢だってあったんですから。

──ヤマトは男の艦であるという側面を強く感じさせるシーンですね。

小野:それをさらに証明しているのが、加藤のシーンです。あのシーンも感動しました。加藤の場合、それを後押しした奥さんの真琴ちゃんもすばらしかった。普通なら止めるだろうし、加藤も「お前にために残る」と言ってもおかしくない。それを真琴ちゃんは「行ってこい」って送り出す。かっこいいですよね。彼女の気持ちを汲んで「わかった」と旅立っていく加藤もかっこいい。あのやりとりは泣けます。

一方でその艦に強引に乗り込もうとする人間もいるんですよね。「乗せろ、いいから」という乱暴なセリフで。キーマンはいつも理路整然と話すキャラなんですが、あのシーンはもう理屈じゃなくて「お前は何もわかっていないから、俺の言うとおりにしろ」という感じで押し通してきます。あのダイナミズムは古代に通じるものがあるのではないかと感じました。古代もなんとなくあのキーマンの姿に、自分と同じメンタリティなのかもしれないというシンパシーを感じたのではないでしょうか。

あるいは、お互いにやり合う相手の役は、今回から登場する武闘派な斉藤(始)に任せたということかもしれません。その斉藤に加え、土方や永倉といった魅力的なキャラが登場するのも、この「第二章」の見どころだと思います。

──そういう中で、本予告でも流れていた「ヤマト発進!」というセリフに込めた思いは?

小野:やはり「背負ったな」という感じですね。以前はとにかくお兄さんの無念を晴らしたいとか、いろいろな思いに動かされたという感じでしたが、今回は自分の決意で旅立つわけですから。さらに艦長代理にも選ばれたことで、ようやく沖田艦長の気持ちが理解できたような気もします。そういう意味ではすごくプレッシャーを感じました。あそこは、沖田艦長役の菅生(隆之)さんの言い方を意識して、あの声を頭の中に響かせながら演じたんです。たしかに今は古代がリーダーとなって動かしていますが、ヤマトはやはり沖田艦長の艦だと思っていますので。

(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

(C)西﨑義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

──それでは最後にファンへのメッセージをお願いします。

小野:「第一章」の時は、正直、複雑な思いもあったんです。再びヤマトに乗らなければならない理由って何だろうとか、またあの不安やプレッシャーと戦わないといけないのかという気持ちもありましたし。でも「第一章」が、多くのファンから「ヤマトっていいですね」と非常に好意的に受け止めていただけたし、スタッフの皆さんにも「ヤマト愛」というものを感じました。さらに「第二章」は、そうしたスタッフの「新しいヤマトを作っていくんだ」という決意と覚悟が感じられるパートになっていると思います。もうこの「第二章」を見たら、物語がたどり着くゴールまでいっしょに行ってみたくなるはずです。いやもう、この先を見ないという選択肢はないと言ってもいいでしょう。それくらい先が気になる展開になっていますから、ぜひ覚悟を持って見ていただきたいですね。絶対、この艦に乗ってよかったと思わせてくれると思います。ファンの皆さんも、ぜひいっしょに、このヤマトという艦を未来へ進めていきましょう。


『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち』第ニ章「発進篇」
2017年6月24日(土)より、新宿ピカデリー他、全国20館にて期間限定劇場上映

〈シリーズ全七章順次劇場上映〉

劇場にて特別限定版Blu-ray最速先行販売/デジタルセル版配信も同時スタート!

<第二章CAST>
古代 進:小野大輔/森 雪:桑島法子/島 大介:鈴村健一/真田志郎:大塚芳忠/徳川彦左衛門:麦人/佐渡酒造:千葉 繁/山本 玲:田中理恵/新見 薫:久川 綾/南部康雄:赤羽根健治/相原義一:國分和人/太田健二郎:千葉優輝/岬 百合亜:内田 彩/桐生美影:中村繪里子/西条未来:森谷里美/榎本 勇:津田健次郎/山崎 奨:土田 大/土方 竜:石塚運昇/斉藤 始:東地宏樹/永倉志織:雨谷和砂/藤堂平九郎:小島敏彦/芹沢虎鉄:玄田哲章/山南 修:江原正士/バレル:てらそままさき/キーマン:神谷浩史/沖田十三:菅生隆之

<STAFF>
製作総指揮:西﨑彰司/原作:西﨑義展/監督:羽原信義/シリーズ構成:福井晴敏/副監督:小林 誠/キャラクターデザイン:結城信輝/ゲストキャラクター・プロップデザイン:山岡信一/メカニカルデザイン:玉盛順一朗・石津泰志/美術監督:谷岡善王/色彩設計:福谷直樹/撮影監督:堀野大輔/編集:小野寺絵美/音楽:宮川彬良・宮川泰/音響監督:吉田知弘/音響効果:西村睦弘/オリジナルサウンドエフェクト:柏原 満/CG ディレクター:木村太一/アニメーション制作:XEBEC/製作:宇宙戦艦ヤマト2202 製作委員会

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

福井晴敏

生年月日1968年11月15日(49歳)
星座さそり座
出生地東京都墨田区

福井晴敏の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST