実写『東京喰種 トーキョーグール』「赫子」のビジュアルが遂に解禁!

実写『東京喰種 トーキョーグール』

主人公カネキ(金木研/窪田正孝)実写『東京喰種 トーキョーグール』/(C)石田スイ/集英社

主演・窪田正孝で贈る、世界累計発行部数3,000万部突破を誇る話題沸騰の超人気コミックの実写映画化『東京喰種 トーキョーグール』7月29日(土)公開。このたび、「赫子(カグネ)」の姿がついに解禁となった!

実写映画化にあたりそのビジュアルに大きな期待が寄せられていた、「赫子(カグネ)」。赫子は喰種の捕食器官で、戦いの際には強力な武器としても使用されるものだ。触手のような独特なビジュアルで、喰種によってタイプがさまざまに分かれているのが特徴。映画では、最新のVFX技術とキャスト陣のアクションが見事に融合し、実写版ならではの迫力溢れる赫子として登場している。

実写『東京喰種 トーキョーグール』

トーカ(霧嶋董香/清水富美加)実写『東京喰種 トーキョーグール』/(C)石田スイ/集英社

今回解禁されたのは、主人公カネキ(写真:トップ)とトーカ(清水富美加)(写真:上)が、それぞれ赫子を発動させた姿。両者とも目が赤く変貌する「赫眼(カクガン)」状態で、体からはリアルな赫子が飛び出している…という完全な臨戦態勢を披露している。カネキからは腰の辺りに出現する「鱗赫(りんかく)」、トーカからは肩の辺りに出現する羽のような「羽赫(うかく)」が飛び出しているが、リアルな質感に加えキャストの表情と相まって、今にも動き出しそうな大迫力のビジュアルとして完成した。特に劇中“とあるきっかけ”で初めて発動するカネキの赫子は、窪田渾身の演技も加わり衝撃的な姿として映し出されるので、ファンならずとも必見!

映画ではカネキやトーカのほかにも、さまざまな喰種たちが個性的な赫子を披露。さらに赫子に対抗できる武器「クインケ」を持ったCCGも参戦し、規格外の大迫力のバトルが展開される! コミックともアニメとも異なる、実写映画だからこそ実現できた至極のバトルアクションはぜひスクリーンで体感してほしい。

そして、7月1日~4日にアメリカ・ロサンゼルスにて開催される「アニメエキスポ2017」で実写映画初のワールドプレミアが決定!7月3日(月)19:30~(現地時間)に、窪田正孝がゲスト参加し、グールファンとのQ&Aやフォトセッションを行う。


映画『東京喰種』
2017年7月29日(土)全国公開

原作:石田スイ「東京喰種トーキョーグール」集英社「週刊ヤングジャンプ」連載
出演:窪田正孝、清水富美加
監督:萩原健太郎
配給:松竹
(C)石田スイ/集英社 (C)「東京喰種」製作委員会

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

窪田正孝

生年月日1988年8月6日(30歳)
星座しし座
出生地神奈川県

窪田正孝の関連作品一覧

清水富美加

生年月日1994年12月2日(23歳)
星座いて座
出生地東京都

清水富美加の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST