『ブレードランナー 2049』ゴズリングとフォードの共演シーンを収めた場面写真がついに解禁

『ブレードランナー 2049』

公開後35年にわたり語り継がれるSF映画の名作『ブレードランナー』。その続編となる『ブレードランナー 2049』が10月27日に日本公開を迎える。本日7月10日は、『ブレードランナー』の日本公開日で、いわば「ブレードランナー記念日」。そんな記念すべき日に、ライアン・ゴズリングとハリソン・フォードが演じる、新旧ブレードランナーの共演シーンを収めた場面写真が初解禁となった。

オリジナル作品の舞台だった2019年から30年後の2049年の世界が本作の舞台。前作では、まるで人間とは見分けのつかない“レプリカント”の暴挙を阻止する捜査官“ブレードランナー”リック・デッカードをフォードが演じたが、本作ではゴズリングがブレードランナーの“K”を演じる。続編の物語は、“K”が30年間行方不明だった<何かを知る>デッカードを探す所からスタートする。

現在までに披露されたポスタービジュアルや場面写真では、一切2ショットを公開してこなかった新旧ブレードランナーだが、今回の場面写真でついに共演シーンが解禁。2人のブレードランナーは未来の飲食店のような場所で向き合い、デッカードは“K”に対して凄みを湛えた視線を向けている。

フォードは35年ぶりに演じた役について「この世界に戻ってこられて嬉しい。30年後(のデッカード)を演じるのは凄く面白かったし、昔の服がピッタリだったのも嬉しかったよ。時を経て、キャラクターを作り上げていく事はとてもやりがいがある」とコメント。そして謎の多い物語については「デッカードと他のキャラクターの関係性がとても魅力的だ。『2049』では進化したテクノロジーとその社会的影響についても語られている。ストーリー・舞台・キャラクターが興味深く融合しているよ」と自信をのぞかせている。

一方のゴズリングは「ハリソン・フォードがセットに居なくても、常にそこに居るかのような存在感を感じたよ。ヴィルヌーヴ監督がチームに向かって時々言うんだ『ハリソンがそこに座っているとしよう。彼は満足するかな?』って」とフォードの圧倒的な存在感と影響力を振り返る。またフォードも「彼は生まれながらの感情的知性を持っていて、彼と仕事ができるのは喜びだった。ライアン、そしてヴィルヌーヴ監督と仕事をして、とても満足のいく経験ができたよ」と2人の才能を絶賛している。


映画『ブレードランナー2049』
2017年10月27日(金)
全国ロードショー

製作総指揮:リドリー・スコット
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ハリソン・フォード

生年月日1942年7月13日(76歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ

ハリソン・フォードの関連作品一覧

ライアン・ゴズリング

生年月日1980年11月12日(37歳)
星座さそり座
出生地加・オンタリオ・ロンドン

ライアン・ゴズリングの関連作品一覧

リドリー・スコット

生年月日1937年11月30日(80歳)
星座いて座
出生地

リドリー・スコットの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST