高杉真宙や葵わかなが浴衣姿で登場!映画『逆光の頃』初日舞台挨拶

小林啓一監督、葵わかな、高杉真宙、清水尋也、金子大地

小林啓一監督、葵わかな、高杉真宙、清水尋也、金子大地

フィギュア「コップのフチ子」の原案者である異才のマンガ家・タナカカツキの名作「逆光の頃」が高杉真宙主演で映画化され、新宿シネマカリテにて公開中だ。去る7月8日、公開初日舞台挨拶が行われ、キャストの高杉真宙や葵わかな、清水尋也、金子大地、そしてメガホンを取った小林啓一監督が浴衣姿で登場した。

>写真をもっと見る

1988年〜1989年に「コミックモーニング」と「モーニングOPEN」にて連載され、2009年には新装版も発売された原作は、全12編から構成。日常と非日常、夢と現実の双方を行き来する少年のゆらめきときらめきを、京都の街を背景に鮮やかに紡ぎ出し、その叙情性が高く評価された。本作ではその中から、「僕は歪んだ瓦の上で」「銀河系星電気」「金の糸」の3編と、オリジナルのパートを映像化している。浴衣姿で登場した高杉は「映画でも浴衣でも夏を感じてください」とニッコリ。一方の葵は「京都っぽい雰囲気が出ていたら嬉しいです」とはにかんだ。

本作はオール京都ロケで撮影されたが、高杉と清水は同じ町家に住み、たびたび映画や買い物に出かけていたとのこと。二人は当時のことを「他の街と違う雰囲気で、そこにいるだけで楽しかった」と述懐。清水からは銭湯に行ったエピソードも飛び出し、「真宙と監督と一緒にサウナに入ったりして、ハダカの付き合いでしたね。それもまた青春っぽくて楽しかったです。真宙のハダカは一言で言えばしなやか!(笑)」と明かして笑いを誘った。一方の葵はちょうど本厄の年だったようで、八阪神社で厄払いをしたエピソードを披露。金子は「ホテルのwifiでずっとyoutube見てました」と対照的な過ごし方を告白し、会場を沸かせた。

約2年に及ぶ撮影期間を振り返った高杉は、「自分の過ごした京の街、青春時代をみなさん少しでも感じていただければ嬉しいです。青春をおすそ分けできれば」と笑顔でコメント。その言葉を受けた小林監督も、「京都でこういう撮影、作品作りがずっとしたかった。やっと実現して、この日を迎えられて嬉しい」と喜びを述べていた。


映画『逆光の頃』
公開中

脚本・監督:小林啓一(映画『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』)
原作:タナカカツキ「逆光の頃」(講談社「モーニングKC」所載)
出演:高杉真宙、葵わかな、清水尋也、金子大地、田中壮太郎
配給:SPOTTED PRODUCTIONS

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST