【ブレードランナー記念日】中子真治と高橋ヨシキが『ブレードランナー』への愛を語る!

 中子真治と高橋ヨシキ

中子真治と高橋ヨシキ

SF 映画史上最高の傑作として、公開後 35年にわたり語り継がれる『ブレードランナー』 。その続編となる『ブレードランナー 2049』が10月27日に日本公開となる。去る7月10日は、1982年にリドリー・スコット監督による『ブレードランナー』の日本公開日。この「ブレードランナー記念日」を祝して、 有楽町・丸の内ピカデリー3にて、熱狂的なファンを集め、日本初となる『ブレードランナー』(インターナショナル 劇場版/完全版)の“爆音”上映が開催された。

上映を全面的にプロデュースしたのは、爆音上映という新しい映画の楽しみ方を産み出した樋口泰人(株 式会社 boid 代表)。『ブレードランナー』の大ファンでもある樋口は、迫力のあるシーンがよりダイナミックに、緊張感のあるシーンがよりきめ細やかになるよう、繊細に音量・ 音圧を調整し、ダイナミックな上映環境を実現。熱狂的な観客の大歓声と拍手とともに上映が行われた。

この日は上映に先立ち、ライアン・ゴズリング、 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のバルセロナでのキャンペーンの模様を伝える特別映像が上映されたほか、『ブレードランナー』の撮影現場に唯一足を踏み入れた中子真治と、 幾度となく『ブレードランナー』について熱弁をふるってきたアートディレクターの高橋ヨシキを迎えてトークショーも行われ、ファンたちは熱心に耳を傾けていた。

中子真治コメント

『ブレードランナー』との出会いについて
思い出がいっぱいある映画だから、記憶が薄れる前に伝えたいんです。私の出会いは 1980年代、ハリウッドで映画ジャーナリ ストとして活動していた頃です。当時からリドリー・スコット監督がこの作品を映画化する話は飛び交っていましたが、ある時からリドリー・スコットが出演者の美女を連れてスタッフ探しに乗り出した噂を聞くようになったのを覚えています。 『ブレードランナー』が公開された当時、アメリカでは『E.T.』の公開直後で、世間の人の頭の中は『E.T.』だらけでした。そん『E.T.』の影響で『ブレードランナー』が注目されず、そして、その後の観客たちに観られないという“飢餓感”、“懺悔の気持ち” が生まれたことが、今日のカルト的な人気を確立したんです。

『ブレードランナー2049』に期待している点について
『ボーダーライン』などを手掛けたドゥニ・ヴィルヌーヴ監督は間違いないと思っています。そして、監督との相性抜群のカメラマン、ロジャー・ディーキンスには注目しています。彼の魅せる画作りには期待ですね。また、“ジャレッド・レトー演じる人物は誰なのか?”、そして“結局、デッカードはレプリカントだったのか?”などに期待ですが、僕はすべてを受け入れようと思います。

高橋ヨシキ コメント

『ブレードランナー』との出会いについて
日本では、“スター・ウォーズ”と“インディー・ジョーンズ”の間に挟まれて、最悪の公開タイミングでした。僕は公開当時、小 学生で観られなかったのですが、その後何とか観られたので思い出に残っています。

『ブレードランナー2049』に期待している点について
オリジナルは、1982年当時の 2019年の未来を予想しています。そこから35年経った今、さらに未来の2049年を舞台にし ているので、設定でいろいろと変わったことがあると思います。そんな“新しいブレードランナー”が観られることは楽しみですね。よく“SF は画”とも言われますが、画作りのディティールにも期待しています。予告編を見て、ネオンの風景を再び観られたことには感動しました。想像が止まらなくて“全員がレプリカント”に見えてきてしまうのも、公開を待つファンの楽しみですかね。


映画『ブレードランナー2049』
2017年10月27日(金)
全国ロードショー

製作総指揮:リドリー・スコット
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、ロビン・ライト、ジャレッド・レトー、アナ・デ・アルマス、シルヴィア・フークス、カーラ・ジュリ、マッケンジー・デイヴィス、バーカッド・アブディ、デイヴ・バウティスタ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST