『夜明け告げるルーのうた』湯浅政明監督に、文化庁長官表彰(国際芸術部門)決定!

(C)2017ルー製作委員会

(C)2017ルー製作委員会

湯浅政明監督がメガホンを取った映画『夜明け告げるルーのうた』は、先月19日に【アヌシー国際アニメーション映画祭】の長編部門にて、見事グランプリにあたるクリスタル賞を受賞し、現在凱旋上映中。長編部門のグランプリを日本の作品が受賞するのは1995年『平成狸合戦ぽんぽこ』以来、実に22年ぶりの快挙となった。

その快挙を受け、平成29年度の文化庁長官表彰(国際芸術部門)の被表彰者に、湯浅監督が選ばれた。同グランプリ受賞が日本のアニメーション監督に希望を与えたという功績が、選出理由となっている。文化庁長官表彰に国際芸術部門が設けられたのは平成19年で、アニメーション監督としては、平成21年の加藤久仁生氏以来、8年ぶりの表彰となった。

 

(C)2017ルー製作委員会

表彰式は、文化庁長官室にて行われ、湯浅監督に表彰状と賞牌が贈呈される。文化庁の表彰概要については、以下の通りだ。

【平成29年度 文化庁長官表彰(国際芸術部門)】
文化庁では、この度、文化庁長官表彰(国際芸術部門)の被表彰者を決定しましたのでお知らせします。
■表彰の概要
芸術各分野において国際的に活躍し、特に顕著な成果をあげた個人に対し、文化庁長官が表彰する。
■被表彰者
湯浅政明(アニメーション監督)/片渕須直(アニメーション監督)/大川航矢(バレエダンサー)/寺田翠(バレエダンサー)/千野円句(バレエダンサー)
■表彰式
(日時)平成29年7月19日(水)14時~
(場所)文化庁長官室(東京都千代田区霞が関3-2-2旧文部省庁舎5階)
(贈呈)表彰状、賞牌
■功績概要
平成16年に映画『マインド・ゲーム』で監督デビューし、文化庁メディア芸術祭大賞などを受賞。平成29年には、アヌシー国際アニメーション映画祭において、『夜明け告げるルーのうた』でクリスタル賞を受賞。22年ぶりに長編部門にグランプリをもたらし、日本のアニメーション監督に希望を与えた。


映画『夜明け告げるルーのうた』
全国公開中

【キャスト】
ルー:谷花音
カイ:下田翔大
ルーのパパ:篠原信一
じいさん:柄本明
国夫:斉藤壮馬
遊歩:寿美菜子
江曽島:大悟(千鳥)
髭の漁師:ノブ(千鳥)

【スタッフ】
監督:湯浅政明
脚本:吉田玲子 湯浅政明
音楽:村松崇継
主題歌:『歌うたいのバラッド』斉藤和義(SPEEDSTAR RECORDS)
キャラクターデザイン原案:ねむようこ
キャラクターデザイン/作画監督 伊東伸高
美術監督:大野広司
フラッシュアニメーション:アベル・ゴンゴラ ホアンマヌエル・ラグナ
撮影監督:バテイスト・ペロン
劇中曲・編曲:櫻井真一
音響監督:木村絵理子
制作プロデューサー:チェ・ウニョン
アニメーション制作:サイエンスSARU
製作:清水賢治 大田圭二 湯浅政明 荒井昭博
​チーフプロデューサー:山本幸治
プロデューサー:岡安由夏 伊藤隼之介
企画協力:ツインエンジン
制作:フジテレビジョン 東宝 サイエンスSARU BSフジ
配給:東宝映像事業部

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST