【ドラえもん】「ぞうとおじさん」リメイクにファン大絶賛!深い名セリフ連発!

「ぞうとおじさん」リメイクに感動のコメント殺到!

「ぞうとおじさん」リメイクに感動のコメント殺到!(画像は公式サイトより引用

7月28日(金)放送、テレビ朝日系列「ドラえもん」では、屈指の名作「ぞうとおじさん」のリメイクが放送された。

軍人・伍長のリメイクにも感動の声?

絵本「かわいそうなぞう」でも有名な、戦時中の戦時猛獣処分をテーマにした本作。叔父さん・のび四郎の回想から、動物園のゾウ・ハナ夫を救うために、太平洋戦争終戦間近の日本にタイムスリップしたのび太とドラえもん。戦時中、空襲によって檻が破壊され、動物たちが脱走するのを防ぐ殺処分で、軍部が動物園に押しかける中、空襲でハナ夫の檻が破壊。その隙にドラえもんとおじさんは象を逃がそうとするのだが…。

タイトル絵が原作と同じ構図であることや、ドラえもん、のび太たちが軍人に向かって「戦争なら大丈夫もうすぐ終わるから!日本が負けるの!」とにこやかに話す原作の名シーンも再現。コミカルながら戦時中のヒステリックな愛国心を浮き彫りにする印象的なワンシーンにSNS上でもファンからは大きな反響を呼んだ。

また、冒頭で戦時中の話を「仕方ない」と済ませるおじさんたちにドラえもんが「仕方ないじゃない!」と怒鳴るセリフや、飼育員のおじさんが「動物園は命を奪う場所じゃない。命を育む場所だ!」と訴えるセリフなどが大きな話題に…。中でも、悪役として登場する軍部・伍長が「町の安全には代えられん」と言い放ったり、「一度戦争がはじまったら誰にもどうすることもできんのじゃ!」と絞り出すセリフなど、原作にはない、伍長の人間味のあるアレンジもも話題を呼んだ。

そんな、原作のプロットを生かしたリメイクにSNSでは…。

・(日本が負ける)こんなセリフこんな顔して言える平和な時代に生まれて本当に良かった…
・セリフ一つ一つの重みと凄み、軍人さんも助ける素敵なアレンジ、
・感動ありギャグあり、アクションありのもはや映画並みの最高のリメイクに仕上がっていた。

単純な勧善懲悪ではなく、戦争の業の深い部分までを描きだすリメイクは、混沌とした現代社会にマッチした“新たな名作”と言えるだろう。

>【ぞうとおじさん】の原作はこちらを参照!

(文・nony)

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

NEWドラえもん プレミアムコレクション 感動スペシャル~こころの友の動物たち

NEWドラえもん プレミアムコレクション 感動スペシャル~こころの友の動物たち

監督 善聡一郎  八鍬新之介
脚本 高橋ナツコ  大野木寛  早川正  清水東  相内美生  千葉美鈴  与口奈津江  伊藤公志  小林英造  鈴木洋介[脚本]  福島直浩  佐藤大
原作者 藤子・F・不二雄
音楽 沢田完
声の出演 水田わさび  大原めぐみ  かかずゆみ  木村昴  関智一  三石琴乃  松本保典  折笠愛  竹内都子  高山みなみ
概要 藤子・F・不二雄の同名コミックが原作の、もはや説明不要の国民的アニメ。22世紀からタイムマシンに乗ってやって来たネコ型ロボットのドラえもんと、勉強もダメ運動もダメのイジメられっ子の小学生・野比のび太のふたりが主人公。毎回、ドラえもんが22世紀産の夢のような性能を持つひみつ道具をお腹の四次元ポケットから取り出し、のび太のイジメを助けてあげたり、宿題の面倒を見てあげたり、冒険に出たりといった形で、ストーリーが展開していく。レギュラーのヒロインのしずかちゃん、ガキ大将のジャイアン、ジャイアンのご機嫌取りのスネ夫らを巻き込んで、最後は調子に乗りすぎたのび太が痛い目に遭う、というオチも多い。2005年4月から放送されている現シリーズでは、ドラえもん役の水田わさびをはじめとする新声優陣へのバトンタッチが行われ、それに伴って絵柄も一新されている。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

藤子・F・不二雄

生年月日1933年12月1日(62歳)
星座いて座
出生地富山県高岡市

藤子・F・不二雄の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST