エマ・ワトソン×トム・ハンクスの話題作『ザ・サークル』ショート予告映像が完成

(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

(C)2017 IN Splitter, L.P. All Rights Reserved.

エマ・ワトソンの『美女と野獣』に続く主演最新作にして、トム・ハンクスとの豪華共演で贈る話題作『The Circle(原題)』が、邦題を『ザ・サークル』とし、ギャガ配給にて11月10日(金)に全国公開が決定。ショート予告映像が到着した。

憧れのSNS企業<サークル>に採用され、新しい環境に期待を膨らませる主人公メイを演じるのは、世界的大ヒット作『美女と野獣』でベルを演じたエマ・ワトソン。『ハリー・ポッター』シリーズで子役の頃から世界の注目を浴び、自身もインスタグラムなどを通じてSNSの発信力を利用するイマドキ女優は、24時間のリアルライフを世界にさらす主人公を熱演する。

先進的な考えを持ち、全社員から愛される<サークル>のカリスマ的リーダーを演じるのは、大ベテランのトム・ハンクス。『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ、『ハドソン川の奇跡』など「トム・ハンクスが出ている映画にハズレなし!」と言われる彼が、今回はどこか裏がありそうな世界的SNS大企業サークルの経営者にふんする。

その他にも、サークル社の共同創設者タイを新『スター・ウォーズ』シリーズに出演し、さらに『パシフィック・リム』の続編にも出演が決定しているジョン・ボイエガが、メイの友人でともにサークル社で働くアニーを『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのカレン・ギランが、メイの幼馴染のマーサを『6才のボクが、大人になるまで』のエラー・コルトレーンが演じている。また、メイの父親にビル・パクストン(『エイリアン』シリーズ)がふんし、今年2月に亡くなったパクストンにとっては本作が遺作となった。

この豪華キャストをまとめあげたのは、ジェームズ・ポンソルト監督。デイヴ・エガーズの小説「ザ・サークル」をもとに、脚本はポンソルト監督とエガーズが共同執筆。音楽は、『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』を始め、多数のティム・バートン作品や『世界にひとつのプレイブック』も手がけたダニー・エルフマンが担当。ほかにも『ブラック・スワン』の撮影スタッフ、『グランド・ブタペスト・ホテル』の美術スタッフ、『アベンジャーズ』シリーズの編集スタッフが集結し、豪華キャストを支える。

解禁されたショート予告映像は、世界一ホットなSNS企業“サークル”を訪れる、期待に満ち溢れたメイの姿から始まる。SNS上であらゆるものをシェアすることで、世界はより良くなっていくという信念を持つカリスマ的リーダーのベイリーに迎えられ、サークルの先進的な考えに陶酔していくメイ。しかしその魅力的なサービスの裏で、「あなたにはプライバシーはありません」という不穏なナレーションが…。行き過ぎたSNS社会で、メイの未来は、そして人々の未来はどうなっていくのか―。便利で楽しいSNSが一変し、脅威となって襲いかかってくる様に好奇心が掻き立てられる予告編は必見だ。


映画『The Circle(原題)』
11月10日(金)全国公開

<STORY>世界No.1のシェアを誇る超巨大SNS企業<サークル>。憧れの企業に採用された新人のメイ(エマ・ワトソン)は、ある事件をきっかけに、カリスマ経営者のベイリー(トム・ハンクス)の目に留まり、<サークル>の開発した超小型カメラによる新サービス<シーチェンジ>のモデルケースに大抜擢される。自らの24時間をカメラの前に公開したメイは、瞬く間に1000万人超のフォロワーを得てアイドル的な存在になるのだが―。

出演:エマ・ワトソン『美女と野獣』、トム・ハンクス『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ、ジョン・ボイエガ『スター・ウォーズ フォースの覚醒』、カレン・ギラン『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、エラー・コルトレーン『6才のボクが、大人になるまで』、ビル・パクストン『エイリアン』シリーズ
監督&脚本:ジェームズ・ポンソルト
原作:デイヴ・エガーズ著「ザ・サークル」(早川書房)
音楽:ダニー・エルフマン『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』
編集:リサ・ラセック『アベンジャーズ』シリーズ
撮影:マシュー・リバティーク『ブラック・スワン』
美術:ジェラルド・サリバン『グランド・ブタペスト・ホテル』
原題:The Circle/2017年/アメリカ/シネスコ/5.1chデジタル/110分/配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST