【あの恐怖が蘇る…】『ジグソウ:ソウ・レガシー』特報映像と第一弾ビジュアルが解禁!

ジグソウ:ソウ・レガシー

ジグソウ:ソウ・レガシー

逃げ場のない究極の状況設定、恐ろしくも哲学的な“連続ゲーム殺人”、そして仰天のクライマックス。「世界で最も成功したホラー映画シリーズ」としてギネスブックにも認定された【ソリッド・シチュエーション・スリラー】の最高峰『ソウ』シリーズの新章となる『ジグソウ:ソウ・レガシー』から、特報映像と第一弾ビジュアルが解禁となった。

見逃された罪人たちに、おぞましくも独創的なゲームを仕掛け、自ら答えを選ばせることによって裁きを与える、映画史上最も知的でクールな殺人鬼“ジグソウ”ことジョン・クレイマー。彼の死から10年が経過したが、ここにきてまさかの完全リニューアル。新たなデスゲームが幕を開ける。

解禁された映像は、お馴染みのテーマ曲に乗せて、『ソウ』(シリーズ1作目)の舞台を彷彿させる暗い部屋を映し出す。バケツを被らされ、鎖で繋がれた5人の男女は、壁に設置された丸鋸に向かって、ゆっくりと引き寄せられていく。さらに、謎の器具で首を拘束される男の姿や、サイロで身動きの取れなくなった女の前に鋭利な農具が落ちてくる様子など、ジワリジワリと恐怖をにじませる描写が満載。トラップの数々から犯人と推察されるのは殺人鬼“ジグソウ”だが、彼は既にこの世にいないはず...。果たして、新たな殺戮ゲームの犯人とは誰なのか?映像の最後には、新章の幕開けを宣言するかのように、三輪車に乗ったビリー人形が姿を現している。

本作で新たに監督を務めたのは、『デイブレイカー』『プリデスティネーション』などで知られる気鋭の双子兄弟マイケル・スピエリッグとピーター・スピエリッグ。本作の後には、ヘレン・ミレン主演のスリラー『Winchester(原題)』の公開も控えているなど、今最も勢いがあるクリエイターだ。脚本は、こちらも『ソウ』シリーズに初参加となる『ピラニア3D』のジョシュ・ストールバーグと、ピーター・ゴールドフィンガーのコンビが手がける。


映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』
11月10日(金)全国ロードショー

出演:マット・パスモア、カラム・キース・レニー、クレ・ベネット、ハンナ・エミリー・アンダーソン、ローラ・ヴァンダーヴォート、マンデラ・ヴァン・ピープルズ、ポール・ブラウンスタイン、ブリタニー・アレン、ジョシア・ブラック
監督:スピエリッグ兄弟(『デイブレイカー』『プレデスティネーション』)
脚本:ジョシュ・ストールバーグ、ピーター・ゴールドフィンガー(『ピラニア 3D』『ピラニア リターンズ』)
プロデュース:オーレン・クールズ、マーク・バーグ、グレッグ・ホフマン(『ソウ』シリーズ)
配給:アスミック・エース

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST