『幼な子われらに生まれ』第41回モントリオール世界映画祭・コンペティション部門に正式出品

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

(C)2016「幼な子われらに生まれ」製作委員会

数々のベストセラーを手がけている直木賞作家・重松清が1996年に発表した傑作小説の実写映画『幼な子われらに生まれ』。8月26日に公開を迎える本作が、カナダで開催される第41回モントリオール世界映画祭のコンペティション部門へ正式出品されることが決定した。

モントリオール世界映画祭は、トロント国際映画祭と並ぶ北米最大規模の映画祭で、近年では2014年には呉美保監督・綾野剛主演の『そこのみにて光輝く』と成島出監督・吉永小百合主演の『ふしぎな岬の物語』が、2016年には錦織良成監督・青柳翔主演の『たたら侍』がコンペティション部門へ出品されている。

本年度は、コンペティション部門に選ばれた18作品の中で、『幼な子われらに生まれ』が唯一の日本映画となる。また、本作のメガホンを取った三島有紀子監督は、2014年に『ぶどうのなみだ』で第38回モントリオール世界映画祭のワールド・グレイツ部門に招待されており、自身としては2回目のモントリオール世界映画祭となる。

映画祭の開催期間は8月24日から9月4日で、『幼な子われらに生まれ』の上映は9月1日の19時と、9月3日の11時に、Imperial Cinemaで行われる予定だ。出品の決定を受け、三島有紀子監督が喜びのコメントを寄せている。

【三島有紀子監督コメント】

スタッフ・キャストみんなで心を込めて作った作品が、憧れのモントリオール世界映画祭のコンペティション部門に選ばれ、このうえない幸せを感じています。文化によって家族のコミュニケーションの仕方は異なりますが、家族は普遍なもの。日本のある種の家族の姿が世界中でどう受け止められるか、興味深いですし、伝わってくれるといいと思っています。

いま世界で起こっていること、日本で起こっていることを見ていると、人間を嫌いになることが多くなってきました。でも、人間は愛おしい生き物だということをこの映画では再認識してもらえると思います。だから英語タイトルは『DEAR ETRANGER』にしました。たくさんの皆さまに届きますよう祈っております。


映画『幼な子われらに生まれ』
8月26日(土)テアトル新宿・シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー

出演:浅野忠信 田中麗奈/水澤紳吾 池田成志 南沙良 鎌田らい樹 新井美羽/宮藤官九郎 寺島しのぶ
原作:重松清「幼な子われらに生まれ」(幻冬舎文庫刊)
監督:三島有紀子(『幸せのパン』『繕い裁つ人』
脚本:荒井晴彦
配給:ファントム・フィルム(2016年/日本/ビスタサイズ/5.1ch)

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST