人生を掛けたラブレターから、生き方についてひとつのメッセージを貰った―『ギフト 僕がきみに残せるもの』【連載コラムVol.30】

映画ライター・新谷里映が心動かされた、本当に観て欲しい映画たちを連載コラムでお届け。

第30回目は、難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)を宣告された元NFLのスター選手が、やがて生まれてくる息子に贈るために撮影しはじめたビデオダイアリーを元にしたドキュメンタリー映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』。ドキュメンタリーだからこそフィルターなしの直球だったが、スティーヴ・グリーソンの行動力や生きる姿に、自分も大きなメッセージをもらった気がした…。


(C)2016 Dear Rivers, LLC

(C)2016 Dear Rivers, LLC

『ギフト 僕がきみに残せるもの』は、アメリカン・フットボールの選手だったニューオーリンズ・セインツのスティーヴ・グリーソンのドキュメンタリーですが、スポーツ選手としての苦悩や功績についてのドキュメンタリーではなく、選手生活を終えた後、ある日突然、ALS(筋萎縮性側索硬化症)だと宣告を受けたグリーソンが、自分は愛する人たちに何が残せるのだろうか──と、毎日ビデオダイアリーを撮り続ける、そのビデオをベースに作った夫婦の愛の物語、父と息子の物語、家族の物語です。

ALSとは、筋肉への伝達機能が徐々に失われ、発症すると数年のうちに歩行や会話、呼吸ができなくなっていく難病。その病名やどんな病気なのかを知るきっかけは、3年前でした。ALSの研究を支援するための運動「アイス・バケツ・チャレンジ」が始まり、社会現象となったのが2014年で、さらにその年はALSを題材にした映画が立て続けに公開。理論物理学者スティーヴン・ホーキング博士と妻の物語『博士と彼女のセオリー』、ALSと診断された女性と彼女の介護人として雇われた女子大生との心の交流を描いた『サヨナラの代わりに』、ALSを宣告された男性が友人たちと最期の旅にでる『君がくれたグッドライフ』。いずれも日本公開は1〜2年後でしたが、続けてALSを題材にした映画を観たことによって、いろいろ考えるきっかけになりました。

(C)2016 Dear Rivers, LLC

(C)2016 Dear Rivers, LLC

というのも、ALSは誰もが発症する可能性があり、先に挙げた映画の主人公たちも、ある日突然、身体の異変を感じる姿が描かれていました。『博士と彼女のセオリー』は実在するホーキング博士の半生なのでとてもリアルですし、『サヨナラの代わりに』は主人公が女性であること、女の友情について描かれていることによってより身近に感じることができましたし、『君がくれたグッドライフ』は夫婦愛や友情が描かれるだけでなく尊厳死という題材も加わり、自分だったらどうするのか、自分の愛する人だったらどうしたらいいのか、考えさせられました。

そして今回の『ギフト 僕がきみに残せるもの』と出会うわけですが、正直、抵抗がありました。これまでに観た映画は俳優が演じていることで、現実と映画の間にフィルターがありましたが、ドキュメンタリーとなるとそのフィルターがない。ということは、もの凄くつらい現実を目にするのではないか……と。でも「観たい」と思わせる作品の力があって、「観てよかった」と心から思える感動があった。多くの人に伝えたくて、今回ピックアップしました。

(C)2016 Dear Rivers, LLC

(C)2016 Dear Rivers, LLC

ALSを宣告された後に妻ミシェルの妊娠がわかり、そこからグリーソンは生まれてくる子供に向けたビデオレターを撮る。精一杯、人生を楽しもうとする。また彼は有名選手だったことを最大限に活かし、チーム・グリーソンを設立。ALSをはじめ脳性麻痺、脊髄損傷などコミュニケーションにおける障害を持つ人に必要な音声合成機器の保険適用を保護する法律、スティーヴ・グリーソン法を実現するなど、その行動力に圧倒されます。何より、ふつうならカットしてしまいそうな出来事も感情も、ありのままの日常が映し出されていることに驚きました。

人はどう生きるのか──その答えは人それぞれで正解はないものですが、グリーソンと彼と共に生きている人たちの人生を通して、自分はどう生きたいのかを考えた、考えるきっかけを与えてもらった。そうやって考えること、自分自身と向きあうことはとても大切で……。この『ギフト 僕がきみに残せるもの』との出会いは、自分にとってとても大きなものになっています。

(文・新谷里映)

>その他紹介タイトルはこちら

新谷里映

フリーライター、映画ライター、コラムニスト
新谷里映

情報誌、ファッション誌、音楽誌の編集部に所属、様々なジャンルの企画&編集に携わり、2005年3月、映画ライターとして独立。 独立後は、映画や音楽などのエンターテイメントを中心に雑誌やウェブにコラムやインタビューを寄稿中。

【tumblr】新谷里映/Rie Shintani 

映画『ギフト 僕がきみに残せるもの』
公開中

監督:クレイ・トゥイール
出演:スティーヴ・グリーソン(元NFL ニューオーリンズ・セインツ)、ミシェル・ヴァリスコ、エディ・ヴェダー(パール・ジャム)、スコット・フジタ ほか
2016年 / アメリカ / 英語 / 111分 / カラー / 5.1ch / DCP /原題:GLEASON
日本語字幕:額賀深雪
配給:トランスフォーマー

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST