三代目JSB・岩田剛典、C.ノーランとの対面&プレゼントにニッコリ!「童心に帰りました」

 

クリストファー・ノーラン監督と岩田剛典 (三代目 J Soul Brothers/EXILE

24日に都内で行われた映画『ダンケルク』の来日記者会見に、メガホンを取ったクリストファー・ノーラン監督と、ノーラン監督の大ファンである岩田剛典 (三代目 J Soul Brothers/EXILE)が出席。ノーラン監督にサイン入りの脚本をプレゼントされた岩田は、「むちゃくちゃうれしいです。童心に帰りました」と喜びを爆発させた。

>会見の写真をもっと見る

第二次大戦の初期において、イギリス軍が行った撤退作戦「ダンケルク作戦」を描く本作。笑顔で登場した岩田は「感激ですね。自分は表現者である前に、一人のノーラン・ファンでしかないので」と笑顔を見せ、作品の感想を聞かれると「今までのノーラン作品とテイストも違いますし、実話を基に作られた作品ということで、最初に作品のテイストを見たときに、『良い意味でノーランぽくない作品なのかな』と思って見たんですけど、やっぱりそこはノーラン節じゃないですが、作品が始まってすぐ、5秒くらいで一気に戦場に連れて行かれる」とコメント。

また「戦争をテーマにというだけで、ある意味食わず嫌いじゃないですけど、そういった方もいらっしゃると思うんですが、ものすごくエンターテイメント作品でもあり、ドキドキハラハラさせられる映画という意味では、テーマ性とかを抜きにしても楽しめるし、登場人物一人一人にストーリーがあるので...。そこのストーリーも、その当時の人間の心情なんですけど、すごく今の現代の生活の中で実感できるような、共感できるような作品になっているのかなとは、個人的に感じました」と絶賛した。

岩田の絶賛を受けたノーラン監督は、「願わくば、どんな年齢の観客でもご堪能いただけるような映画になっていればと思いますが、今おっしゃったように、特に若い世代に訴えかけるような映画になっていればと思います。キャスティングをするうえでも、ハリウッドがやりがちな、40歳の俳優に若い兵士を演じてもらうといったことはしたくなかったのです。実際に戦場で戦っていたのは、20歳そこそこの兵士たちでしたから。今回のキャスティングでは、いろいろな若者を見てきました。例えば、演劇学校からスカウトしてみたり、エージェントがついていない俳優を見てみたりしたのです」と述懐。

さらに、「映画に初めて出演する役者にも出てもらっています。それは非常に重要なポイントで、戦場の現実を見せていかなければならないと思ったからです。ですので、若い人々も共感できる映画になっていればと思います。まさに自分と同じ年齢の人々が、こういった現状を突き付けられ、こういったことをしていたのだということを見据えることになるわけですから、共感していただければと思います」とも話した。

イベントでは、ノーラン監督が岩田にプレゼントを渡す一幕も。ノーラン監督からサイン入りの『ダンケルク』の脚本を受け取った岩田は、「むちゃくちゃうれしいです」とニッコリ。「童心に帰りました、今(笑)。ありがとうございます!」と喜びを爆発させていた。

(取材・文・写真:岸豊)


映画『ダンケルク』
9月9日公開

監督・脚本・製作:クリストファー・ノーラン
出演:トム・ハーディ、マーク・ライランス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズ ほか

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST