ジェシカ・チャステイン主演『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』予告編・ポスター解禁!

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

(C)2017 ZOOKEEPER’S WIFE LP. ALL RIGHTS RESERVED.

『ゼロ・ダーク・サーティ』などで知られるハリウッド女優ジェシカ・チャステインが主演を務めた映画『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』。12月に全国公開を迎える本作より、予告編・ポスターが一挙に解禁となった。

作家ダイアン・アッカーマンのノンフィクション小説『ユダヤ人を救った動物園 ヤンとアントニーナの物語』(亜紀書房刊)を基にする本作は、第二次世界大戦中のポーランド・ワルシャワを舞台に、動物園の園長夫妻ヤンとアントニーナが、ユダヤ人を動物園に匿い、300人もの命を救った感動の実話を描く。

解禁された予告編は、動物園を営むアントニーナ(チャステイン)が、動物たちに朝の挨拶をする清々しいシーンから始まる。しかし、愛する家族や動物たちと過ごす幸せな毎日は、第二次世界大戦を機に一変。爆撃を受けた動物園は多くの動物を失い、壊滅状態に陥ってしまう。それと同時に、ドイツの支配下となったポーランドで、何千ものユダヤ人が殺されている状況を目の当たりにしたアントニーナは「彼らを見殺しにできない」と、動物園の地下室を彼らの隠れ家とすることを決意するーーー。

自らの命の危険を冒しながらも、すべての人間・動物の命を愛し救おうとしたアントニーナ。信念を貫き通した彼女の強さと優しさが溢れる感動の予告編には心洗われる。動物園の地下室で、傷ついたユダヤ人の少女と交流する心温まる場面や、ゾウ、シマウマ、トラ、ラクダといった様々な動物の姿にも注目してほしい。一方のポスタービジュアルには、ホワイトタイガーを抱きしめるアントニーナと、動物園の地下室でユダヤ人を匿うアントニーナの姿が収められている。「この場所で、すべての命を守りたい。」というキャッチコピーからは、彼女の強さと優しさがひしひしと感じ取れる。果たして彼女は、どうやって300人もの命を救ったのか?その結末は、ぜひ劇場で見届けてほしい。


映画『ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~』
12月、TOHOシネマズみゆき座他にて全国公開

原作:「ユダヤ人を救った動物園」(亜紀書房)
脚本:アンジェラ・ワークマン
監督:ニキ・カーロ
出演:ジェシカ・チャステイン、ヨハン・ヘルデンベルグ、マイケル・マケルハットン、ダニエル・ブリュール
原題:The Zookeeper’s Wife
邦題:ユダヤ人を救った動物園 ~アントニーナが愛した命~
公開日:12月、TOHOシネマズみゆき座他にて全国公開
配給:ファントム・フィルム

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST