嵐・松潤、“ナラタージュンケーキ”の登場に照れ笑い「僕の名前でギャグができるとは…」

有村架純

有村架純

2006年版「この恋愛小説がすごい」の第1位に輝いた、作家・島本理生による禁断のラブストーリーを、嵐の松本潤主演で映像化した映画『ナラタージュ』(10月7日より全国公開)。8月23日に、東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズにてレッドカーペットイベント&完成披露試写会が行われ、主演の松本潤をはじめ、ヒロインを務める有村架純、そして恋愛映画の名手・行定勲監督が出席した。

葉山貴司役の松本は、行定監督のラブコールに喜びを感じたことを明かすとともに「脚本を読んで戸惑いもありました。葉山の描写が少ないので、どのように演じていいのかわからなかった」と告白し、「それで行定監督に話を聞きに行ったときに、素敵な言葉を伝えてくれた。それを聞いたときに撮影が楽しみになった」と振り返る。

一方、松本との禁断のラブシーンに体当たりで挑んだ工藤泉役の有村は、念願の一般上映に「この日が来るのが楽しい反面、不安半面だった。でも皆さんに見ていただいて何か心に残るものがあったらいい」と期待を込める。「難しい役でもありましたし、クランクインまでは緊張もしていました。でも気は抜けなかったけれど、肩の力は抜けたと思いました」と当時の心境を思い返し、昨年の夏に敢行された富山ロケについては「この作品に富山でお借りしたロケ地はぴったりで、廃校での撮影、海辺やラストシーン…本当にベストマッチな場所がたくさんありました」と懐かしそうに語った。

富山ロケについて聞かれた松本は「まったく苦労はなくて、丁寧に撮影できたし、富山での撮影によってオリジナリティと独特な世界観が映っている。富山でしか成立しないような状況もあったので、行くことが出来て良かった」と満足げ。「印象に残ったのは雨のシーン。撮影は大変でしたが、それによって行定組としてグッとなった気がする」と印象を語った。

バースデーケーキ

バースデーケーキ

イベント終盤には、8月30日に34歳を迎える松本のために、サプライズの特製バースデーケーキが登場。飾り菓子で作られた文字は『ナラタージュ』と松本潤の名前をかけた『ナラタージュン』。この渾身のダジャレに松本は「まさかタイトルと僕の名前でギャグができるとは…」と苦笑するも「この完成披露試写のタイミングで祝っていただけて嬉しい」とニッコリ。

34歳の抱負を聞かれると「この映画がたくさんの方に見ていただければ。それに尽きます。切に願います」と本作の大ヒットに期待を込め、有村からも「お誕生日おめでとうございます。34歳も松本さんにとって素敵な1年になるよう願っています」と祝福されていた。


映画『ナラタージュ』
10月7日(土) 全国ロードショー

【ストーリー】 壊れるくらい、あなたが好きでした。
大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から、後輩の為に卒業公演に参加してくれないかと、誘いの電話がくる。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を救ってくれた教師だった。卒業式の日の誰にも言えない葉山との思い出を胸にしまっていた泉だったが、再会により気持ちが募っていく。二人の想いが重なりかけたとき、泉は葉山から離婚の成立していない妻の存在を告げられる。葉山の告白を聞き、彼を忘れようとする泉だったが、ある事件が起こる――。

松本 潤 有村架純 
坂口健太郎 大西礼芳 古舘佑太郎 神岡実希 駒木根隆介 金子大地/市川実日子 瀬戸康史
監督:行定勲 
原作:島本理生(「ナラタージュ」角川文庫刊) 
脚本:堀泉杏  音楽:めいなCo.
主題歌:「ナラタージュ」 adieu(ソニー・ミュージックレコーズ) / 作詞・作曲:野田洋次郎
配給:東宝=アスミック・エース  (C)2017「ナラタージュ」製作委員会

フォトギャラリー

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

結成年月日1999年9月15日(18年)

嵐の関連作品一覧

松本潤

生年月日1983年8月30日(34歳)
星座おとめ座
出生地東京都

松本潤の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST