【インタビュー】ダニエル・ラドクリフ“死体役”の役作りを語る?『スイス・アーミー・マン』

ダニエル・ラドクリフ『スイス・アーミー・マン』/(C)Yukitaka Amemiya

ダニエル・ラドクリフ『スイス・アーミー・マン』/(C)Yukitaka Amemiya

ハリー・ポッターシリーズでもおなじみのダニエル・ラドクリフ主演最新作『スイス・アーミー・マン』が9月22日(金)より全国ロードショー。このたび本作の公開を記念して、 主人公・メニーを演じたラドクリフにインタビューを実施。自身初となる“全編死体役”の込められた想いとは…?

死体役のオファーに「もちろんやりたいと思った」

遭難した青年・ハンク(ポール・ダノ)の元に流れ着いた死体は、ただの死体ではなかった。メニー(ダニエル・ラドクリフ)という名前の男は、スイス・アーミー・ナイフ(十徳ナイフ)のような万能性を備えた“スイス・アーミー・マン”だったのだ。愛する人の元に帰るため、青年と死体が繰り広げる、過酷で奇想天外なサバイバル・アドベンチャーの結末とは…。

映画『スイス・アーミー・マン』

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

全編を通して「死体役」で主演を務めたラドクリフ。そんな奇想天外、前代未聞の脚本が送られてきた当時について「もちろんやりたいと思った」と振り返った。

「脚本をもらったタイミングで、共演のポールからも『僕は参加する。監督たちはすごく才能があるし、この企画が大好きなんだ』って連絡があって、僕も即座に『やりたい』と思った。観客としてもまだ見たことがないモノを観たいタイプの僕としては、もちろんやりたいと思える作品だったんだ。これまでのキャリアから、僕に送られてる脚本には変なものがいっぱいある(笑)。その中でも、本作は“変でありたいがために変を押している作品ではない”ところが気に入ったんだ」

ポール・ダノ『スイス・アーミー・マン』

ポール・ダノ/(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

「ハリー・ポッター」シリーズ以降、キル・ユア・ダーリングランド・イリュージョンホーンズ容疑者と告白の角などジャンルを問わず様々な登場人物、言うなれば、“クセの強いキャラクター”を演じてきたラドクリフ。今回の死体役のオファーを引き受けた理由には、死体のメニーが持つキャラクターとしての魅力を挙げた。

「死体役というのは、これから先のキャリアの中でも二度とないだろうと思ったから、このチャンスを自分で掴んで、何かやってみたいと思ったんだ。本作の死体・メニーはウキウキした明るさがあって、可愛らしくて、そして決してゾンビではない。そういった死体のキャラクターが、僕にやってみたいと思わせてくれる魅力だったんだよね。もう、僕の周りの人たちは、僕のやるキャラクターについては一切驚かなくなっているよ(笑)」

映画『スイス・アーミー・マン』

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

しかし死体を演じる上で、その体験を死体から聞くわけにはいかない…。そんな未知の領域である死体役の役作りはどのように構築されていったのか?

「今回は、想像力を大いに使わなければいけない役作りだった。今回はお手本もないのでリサーチをすることが出来ない(笑)。そうやって悩んでいた時に友人が『正解はないよ、間違いようがないじゃないか。演技が終始一貫であって、そこにエンターテイメント性があれば大丈夫だよ!』って言ってくれたので大分楽になったんだ。そこから現場では、ハンクがメニーに対して優しくしている間は、メニーはハンクを助けたいと思い、より生命感があっる。一方で、ハンクが自分に自信がなかったり、メニーにキツイことを言うと、メニーの方は動かなくなってしまったりする。そういったロジック(論理)をみんなと考えながら役作りをしていったよ」

奇抜なアイデアをカタチにしていく現場

映画『スイス・アーミー・マン』

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

現場で一丸となりながら、死体のキャラクターを作り上げていった様子を振り返るラドクリフ。その他にも、メニーのオナラでジェットスキーをしたり、ハンクとともに森の木々とゴミでバスやカフェを作ったりするなど、本作には突拍子なくもユーモラスなアイデアが溢れている。そんなイマジネーション満載の脚本が、現場で具現化していく様子は非常に「ワクワクした」と述懐する。

「脚本と監督を務めたダニエルズ(ダニエル・シャイナートとダニエル・クワン)は、『このシーンはどういう風に撮影するんだろう?』ってワクワクするような現場を作ってくれました。実にシンプルな方法で、ちゃんとその日が終わると撮影を達成できているのが凄かったよ。なかでも、印象的だった撮影の例を上げるなら、最後のほうで、ポールのスタントマンがいなかったんだ。でも、その時に体型が似ているシャイナート監督が、自らカツラをかぶって水中のシーンを自ら撮影したんだ。映画のためには、なんでもしてくれるんだ」

水中での困難な撮影にも積極的に関わっていった監督たち。そんな現場作りについてラドクリフは、「今まで僕が経験した中でも最も居心地がよくてワクワクできるような現場だった」と回想した。

「死体×人間」のバディが描き出す“愛”とは

映画『スイス・アーミー・マン』

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

万能な死体とのサバイバル。そんな奇抜なアイデアが先行しがちな本作だが、登場人物たちの機微で繊細な心理描写にも目が離せない。ハンクとメニーは、お互いを認め合い、必要とし合う中で、互いに欠かせぬバディーとして絆を深めていく…。

そんな「死体×人間」の姿に、ラドクリフは「愛や受容というメッセージがある」と語る。

「僕自身がこの作品に感じるメッセージは、『自分の変わったところを受け入れられ、他人の変わったところを受け入れられれば、この世界はなんて幸せな場所になるんだろう…』ということだと思うんだ。本作では“勃起”や“オナラ”などの下品なで奇妙なところが目に付きがちだけど、実はそれは自体が我々の肉体に感じる“居心地の悪い部分”を表現している。性的行為を含めて、自分の肉体に居心地悪さを感じることは、個人差はありながらも、普遍的なものだと思う。そういうことを受け入れることに、“愛”や“受容”というメッセージがあるんじゃないかなと思う。監督たちに言わせれば、『恥ずかしいという気持ちがいかに私たちを愛から遠ざけているか。恥ずかしいと思うことから自分を解き放ったところに、愛はあるんだ』というメッセージだと思うんだ」

お互いの“変”を受け入れ、認め合うメニーとハンク。ふたりが支え合う姿には、生き生きとした原初的な人間の生命力が溢れている。

映画『スイス・アーミー・マン』

(C)2016 Ironworks Productions, LLC.

(取材・文/nony)


映画 『スイス・アーミー・マン』
9月22日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

監督・脚本:ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン(ダニエルズ)
出演:ダニエル・ラドクリフ、ポール・ダノ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド、
提供:ポニーキャニオン/カルチュア・パブリッシャーズ
配給:ポニーキャニオン
宣伝:スキップ
2016年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/97分/原題:Swiss Army Man/映倫区分:G指定

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

グランド・イリュージョン 見破られたトリック

出演者 ジェシー・アイゼンバーグ  マーク・ラファロ  ウディ・ハレルソン  デイヴ・フランコ  ダニエル・ラドクリフ  リジー・キャプラン  ジェイ・チョウ  サナ・レイサン  マイケル・ケイン  モーガン・フリーマン
監督 ジョン・M・チュウ
製作総指揮 ケヴィン・デラノイ  ルイ・レテリエ  エド・ソロモン
脚本 エド・ソロモン
音楽 ブライアン・タイラー
概要 スーパー・イリュージョニスト・チーム“フォー・ホースメン”が巨大な悪に立ち向かう大ヒット・クライム・サスペンスの続編。監督は「G.I.ジョー バック2リベンジ」のジョン・M・チュウ。前回のミッションから1年後。それぞれに姿をくらましていた“フォー・ホースメン”のメンバーたちが再集結した。目的は巨大IT企業オクタ社のプレゼンを乗っ取り、個人情報を巡る同社の不正を暴露すること。ところが、成功目前に天才エンジニアのウォルターによって阻止されてしまい、ホースメンは逃亡を余儀なくされる。しかもウォルターの罠にはまり、身柄まで拘束されてしまう。そして、世界のあらゆるシステムにアクセスが可能になるというチップをオクタ社から盗み出すよう脅迫されるホースメンだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

ホーンズ 容疑者と告白の角

ホーンズ 容疑者と告白の角

出演者 ダニエル・ラドクリフ  マックス・ミンゲラ  ジョー・アンダーソン[俳優]  ジュノー・テンプル  ケリ・ガーナー  ジェームズ・レマー  キャスリーン・クインラン  ヘザー・グラハム  デヴィッド・モース  マイケル・アダムスウェイト
監督 アレクサンドル・アジャ
製作総指揮 ジョー・ヒル  ショーン・ウィリアムソン  アダム・ストーン  ジョー・ガッタ  クリスチャン・マーキュリー  ダニー・ディンボート
脚本 キース・ブーニン
原作者 ジョー・ヒル
音楽 ロブ
概要 巨匠スティーヴン・キングの息子ジョー・ヒルのホラー小説『ホーンズ 角』を「ピラニア3D」のアレクサンドル・アジャ監督、「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフ主演で映画化した怪奇ミステリー。恋人殺しの汚名を着せられた男が、突如生えてきた角の不思議な力を使って真犯人探しを繰り広げるさまを描く。恋人のメリンが森で殺され、その容疑者にされてしまったイグ。住民の激しいバッシングやマスコミの執拗な追及に晒され、絶望の日々を送る。そんなある日、頭から角が生えてきてパニックに陥るイグ。ところが、誰も角に驚かないばかりか、自ら本音や秘密を告白してしまうのだった。この角に不思議な力があると気づき、その力を使って事件の真相解明に乗り出すイグだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST